スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
最近読んだ本
2008 / 02 / 04 ( Mon )
あらまあ。なんと読書記録、2年ちかく更新してなかったとは。
しかし、わたしの生活に読書は必須なので、
ゆっくりペースではありますが、読書は毎日おこなっているのであった・・・(^^ゞ

この半年で特にお気に入りになった作家。
佐藤 多佳子
小川 洋子
北森 鴻
荻原 浩

佐藤さんは、ほんとに読むたびに、気持ちがやさしくなるような本ばかり、
自分が中・高校生だったころの気分をそのまま、タイムスリップしたみたいに味わえます。
この人は、大人なのにどうしてこんな話がかけるんだろう?
とてもお気に入りです。

残念ながら、著書の数がさほどないので、全て読み尽くし、新刊を待っている状態。
「黄色い目の魚」 と「サマー・タイム」はひさしぶりに100%満足な読後感でした。
最近、「しゃべれども しゃべれども」が国分太一主演で、映画化され話題ですね。

小川さんは、「博士が愛した数式」で一気にファンになりました。
博士=寺尾聰 家政婦であるところの私=深津絵里 主演で映画になったので注目ですが、
このキャストは、わたしのイメージよりも両方とも若い感じなんだな・・・

でもすごくよい本で、読んで泣きました。
記憶が80分しか持たない博士と、それを見守る家政婦とその息子の話。
なんて切ないんだろう・・・

北森さんはもっと前から、文庫がでるたびに読んでましたが
作家名から検索して、全ての本追ってを読んでいます。
旗師冬狐堂シリーズと、加菜里屋シリーズがとくに好き。
現在は、「凶笑面」を読んでいます。
北森さんの小説は、ほとんどが登場人物がちょっとだけかぶっている、視点が違う別ワールドで面白いです。

荻原さんは最近「明日の記憶」の映画化で注目されてしまった(笑)のですが
その前から好きでした。
「母恋旅烏」 旅芸人一家の話。
「神様から一言」 サラリーマンが閑職として、クレーム対応部署にいきなり配属された話
が特に好きです。


今よんでいる本、北森さんの「凶笑面」と、浅田次郎さんの「輪違屋糸里」。
わたしは普段、2冊同時に読むことはないのですが
今回はきまぐれで、分に合わせて読み分けています。

前者は現代の民族学の大学教授が探偵役をつとめるような推理系の小説
後者は幕末の新撰組と京都島原の芸者の物語で、
全く違う世界をトリップするような感覚です。
2冊同時に読むと、それぞれがじっくり味わえず、損するような気持ちだったのですが
今2冊読みわけているのは、最近の心境の変化によるものかもしれません。
スポンサーサイト
00 : 42 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近読んだ本
2006 / 07 / 25 ( Tue )
【先々週よりちょっと前によんだ本】
「夏化粧」 池上永一

池上さんの本はいつもすごい。力強い。
人間の「生きる」パワーを感じ、細かいことはどうでもよくなる。


【先週よんだ本】
「子羊の巣」 坂木司
「海のふた」 よしもとばなな
「星々の舟」 村山由佳

坂木さんのは「青空の卵」の続編。
「青空の卵」も好きな話だったけど、今回のも面白かった。
いろんな人物がでてくるのだが、本当の意味での悪人は出てこない。
それがつくりものめいて感じる場合もあるだろうけれど、坂木さんの小説はそう感じないのだ。
こういう世界もどこかにあるかもしれない、あればいいなと思わせる。

よしもとさんの本は、なぜか真夏と真冬に読みたくなる。
真夏によみたくなるのは、表紙や挿絵をかかれている原マスミさんや名嘉睦稔さんの挿絵のせいと、よしもとさんがたぶん「夏が好き」なんだろう、そういう雰囲気を感じるからかもしれない。
名嘉睦稔さんは、好きとか嫌いとか簡単にいえない感じがする作家さん。
(好きなんだけど心の深層にいきなりぐいっと入ってくる感じがして、少し圧倒される感じ)
わたしの好きなミージシャン「TINGARA」のアルバムのイラストも名嘉さんです。

真冬によみたくなるのは「キッチン」とか「うたかた/サンクチュアリ」のような初期の作品の印象だろう。
冬や夜の空気感がすごく印象的な作品だから。

ちなみに私にとって、不用意に読んでしまうと感化されてしまって気持ちがなかなか抜け出せないのが、村上春樹さんとよしもとばななさんの本です。
今読んでも大丈夫、さあ読むぞ、となってから読まないと、危険です。(^^ゞ


【先週よんだ本】
「お縫子テルミー」 栗田有起
「優しい秘密」(おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ) 村山由佳

栗田さん、この人はすごい!もう一気にお気に入りです。
こんな小説をかけるなんて、一体どういう人なんだろう?
これから他の本を集めて読むつもりです。

栗田さんの小説は、どんなことも肯定して受け入れてしまうパワーがある。
でも力んでない、自然体。
読むとなんだかふつふつと元気がでるような話です。
「頑張れ」とか「生きていくってすばらしい!」という小説では全然なく、部分部分ではかなり重いエピソードもあるのですが、でも登場人物は重くうけとめない。少し心地いい感じの、哀しみもある感じ。


最近はあたりの本が多いなあ。(^o^)丿
00 : 42 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近読み終わった本
2006 / 07 / 06 ( Thu )
【先週読んだ本】

「のだめカンタービレ 15巻」二ノ宮知子

二ノ宮さんのマンガは、とても好きです。
クラシックも好きなので、のだめは二度おいしい感じ。


【今週読んだ本】
「ドナウよ、静かに流れよ」大崎善生

ノンフィクション、ということでしたが(ノンフィクションだから買ったわけではないのですが)、読んでいる間中、完全に「小説」と感じるような内容で・・・
最後の最後に、自殺した19歳の少女の写真があり、衝撃的でした。
ウィーンにて、33歳の指揮者(自称)とドナウ川に身をなげ、心中した19歳の少女の生と死の軌跡をたどる本です。


「ガーデン」 近藤史恵
近藤さんの本は、「合田接骨院」のシリーズが好きでしたが、これはかなり初期の作品らしい、若い頃にしかかけないような話だなあとおもいました。
23 : 16 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今週よんだ本
2006 / 05 / 28 ( Sun )
【読み終わった本】
「約束の冬」 上下 宮本輝
「ラヴァーズ」 上下 ジュディス・クランツ
「太陽の子」 灰谷健次郎
「ダーク」 上下 桐野夏生

「約束の冬」はさわやか。でも最後の終わり方が「あら?これで終わり?」という感じがなんとなくした。
「太陽の子」は前によんだはずなのですが、改めて読んだら本当に一部分しかおぼえてませんでした。
なぜだろう?こんなに衝撃的で、よい本なのに。
といってももう20年以上前の話だけど。子供には重たすぎたのか?

最後のほう、ふうちゃんが「ぶたれたおしりがいたいんや・・・」というところ、読んで涙しました。

「ダーク」は・・・う~ん。
面白いんだけど、なんか「すごい」としかいいようがない。
この終わり方はまた続くのだろうか?


【今週読んでいる本】
「水曜の朝、午前3時」 蓮見圭一

おもしろいです、今のところ。
19 : 44 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今週よんだ本
2006 / 05 / 20 ( Sat )
ミニバラ開花ラッシュにおされて、読書のUPことをすっかり失念。(´ー `;
徐々にUPしていこうとおもいます。

今週読んだ本。

「ラヴァーズ」下 ジュディス・クランツ  
「約束の冬」 上 宮本 輝
「約束の冬」 下 宮本 輝(現在、途中)
「趣味の園芸」 NHK出版
23 : 46 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。