スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
とんぼ玉教室 その後
2009 / 03 / 12 ( Thu )
3月からいよいよ完全にフルタイムで仕事復帰&いきなり残業が発生、な状態です。
身体はそろそろなれてきたのですが、自分の時間がいきなり少なくなりました(--;)

ブログやる時間、なかなかとれません・・・(泣)
写真だけが大量にたまっていく・・・

お返事も遅くなりがちで、申し訳ありません。


                        * * *

090223とんぼ玉
1月に仕事復帰してから、毎週は無理ながら、細々ととんぼ玉教室にもいっています。

写真はレインボー玉 と呼んでいる、とんぼ玉たちです。
同系色でグラデーションになっていますが、2色の色をぼかして
グラデーションにしてあります。

色のはいっているところが幅全部にわたっていなかったり
微妙によじれたりしていますが
意図してやったものではなく、へたくそだからこうなってます。
でも、これはこれでナチュラルで面白いですよね。(*^_^*)

よじれているのは、昔のビー玉みたいです。




more...
スポンサーサイト
15 : 40 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
マドラー完成
2008 / 03 / 31 ( Mon )
とんぼ玉教室でつくっていた課題の「ガラスのマドラー」が
先週、ようやっと完成しました。
080329ガラスのマドラー

全体像。

080329ガラスのマドラー2

葉っぱ部分と玉部分。

080329ガラスのマドラー3

葉っぱの下のアクセントカラーの部分は2種類あります。
マドラーの軸と一体になっているタイプ(右側・濃い青)と
軸の上にお皿がのっているタイプ(左側・黄緑)。

お皿タイプは結構得意ですぐできたのですが、
一体型は苦手で軸まで溶かしてしまったりして、なかなかうまくできませんでした。
お皿タイプは、マドラーの軸の上に玉1つをつくり、
玉部分のみを溶かしてやわらかくしつつ、むにゅっ!と、つぶしてつくります。

せっかくできたのに、実用には耐えないとのことで、単なる飾りと化してます。
葉っぱや玉部分が取れやすいことと、鉛ガラスなので身体に悪いってことで。
琉球ガラスのロックグラスに合わせて使おうとおもってたのに、残念。



ガラスのマドラーの次の課題は、ようやっととんぼ玉です。
「無地玉」といって、基本中の基本、何の模様もはいらない丸い玉。
080329無地玉

しかし。
丸くならんのです、これが。
左から、先生が見本でつくった玉、真ん中が先生が手をそえてわたしがつくった玉、
右がわたしがつくった玉。
キャプションつけなくても、誰でもわかりますね。

080329無地玉2

真ん中の白い軸みたいな部分が穴です。
ステンレスの心棒に溶かしたガラスをまきつけて、
そのあと溶かしながら、穴が中心にくるようにするのですが、
だらーってたれたり、何よりガラスの巻き取りがうまくいかない。
すでに巻き取り時点でいけてないので、丸くならないわけです。

玉の中心に心棒をもってくるのは、結構最初からうまくできてるとおもうのですが
仕事で10年以上、0.何ミリ単位で形を整えたり、絵を描いたりしてので
(ガラスではないですが)
それが勝手に訓練になっていたようで、ある意味、当たり前ですね。

なんかこの課題で長く苦労する生徒さんがいらっしゃるようで
おかしな玉が大量生産される予感。
形がいびつな玉って、捨てるにはもったいないけど、何につかおうか思案中です。
いっそひもでしばって、ビーズのれんみたいにしてみようかな?(笑)
13 : 41 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
かえるセーター?
2008 / 03 / 09 ( Sun )
最近、編み物にはまってます。
今年はセーターを3枚、帽子1枚、手袋1枚、肩掛け1枚をすでに編みましたが
昨日まで編んでいた4枚目のセーターが仕上がりました。

わたしの編み物は、ガーデニングと同じで、気が短いので
細かい編みこみ模様だとか、手間のかかる模様はまったくはいっていません。
ただひたすら、メリヤス編みかガーター編みで、ずっと編んでいくのみ。(笑)
その上、細~い糸で編むようなこらえ性もないので
編み針7号以上の中ぐらいから太目の糸でしか編みません。

糸は本に載っているメーカーのものとは限らないので、
(だってメーカーものは高いから、バーゲンでみつけた糸を使うんです・・・)
ゲージが似ている図面を選んで、計算しなおし、袖の長さを変えたり
襟、袖口、すそあたりのデザインをちょこっと変えたりするだけです。

080309カエルセーター

これもそんな適当~な感じで編みました。
バーゲンのイタリア製の毛糸に国産のキッドモヘア2本をまぜて、合計で3本どり。
襟と袖口をどうするか、なかなか決まらず、4回くらいほどいては編みなおしてたので
結構時間かかりました。
モヘアだし、もう今年は暖かくなってきてるから、あまり着れないかな。

仕上がってから気づいたのですが、なんだか色もあいまって、
「かえる」のようなイメージになってしまいました (笑)

080309カエルセーター2

特にこの袖口。水かきついてるみたい・・・


カエルと言えば
080309手編みカエル

これも編みました・・・ 毛糸を買いにいったときに、キットをたまたまみつけたんです。
なんかかわいくないですか? 身長15cmくらい。

弟夫婦に待望の赤ちゃんができて、この4月に出産予定なのですが
弟も大のかえる好きで、「かえるの服を着せる」と言い張ってると聞き
服ではないですが、これをあげようと思ってます。

このかえるも手足にみずかきついてますが、これとセーターのふちどり、やっぱりそっくり・・・

[追記 ・ おまけ]
この記事をかいたあとに、しばらくして振り返ったら、こんなことに。
080309柚

かえるセーターの上で、爆睡する かえる顔の猫。

柚、暖かいかい? それは敷物じゃないのよ・・・


10 : 49 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ガラスのぶどう 完成
2008 / 02 / 02 ( Sat )
ガラス教室で、「ぶどう玉」をつくっている、と書きましたが
2回ほどまえから、ぶどう玉を卒業して「葉っぱ」をつくってました。

080130葉っぱ

↑葉っぱです。
最初にぶどう玉と同じ要領で玉にして、そのあとコテでぺったんこにつぶします。
つぶすと「おはじきにしんちゅう線がささってる」状態になるのですが
これをまた適度にあたため、半溶かしにして、熱いうちに一気に葉脈をいれます。

葉脈をいれる道具は、なんと「もんじゃ焼きのコテ」です。(=^ェ^=)
もたもたしていると、葉脈が3本しかはいらないうちに固まってしまうというはめに。
もう一度暖めると、せっかくいれた葉脈が消えちゃうし。

コテでつぶすときも、コテとガラスを押し付ける台と両方、右手で暖めた上
左手で、丸くつくったぶどう玉をずっと予熱してなくてはいけないという・・・
これがまたなかなか難しいです。右手ばかり気にしてると、せっかくつくった左手の玉が
どろーっとなってたりして。

そんなこんなで1回半、葉っぱをつくってました。
最後にはさみで切れ込みをいれる葉っぱを2つ、つくって終了。
暖め加減がなかなか難しく、はさみでなかなか切れない・・・
(しかし、切れ込みが結局できない人も、ままいるらしいので、できただけでまあよしとしましょう)

080130ぶどう

ぶどう玉と葉っぱで、ガラスのぶどうがやっと完成しましたぁ!
かわいい・・・でもネックレスとかだと着けなそうなので、携帯ストラップにしてみました。

今は次のカリキュラム「葉っぱのマドラー」に突入。
マドラーの軸のところの太い線引きを延々やってます。
どうもわたしはぶどう玉は得意だけど、線引きがニガテなよう。四苦八苦してます。

あー、早く軸を完成させて、先っぽにつける玉と葉っぱにいきた~い。
02 : 05 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
とんぼ玉教室
2008 / 01 / 19 ( Sat )
諸事情により、12月頭から1月末まで、仕事を休んでいます。
休みにはいってからしばらくは、体調がとても悪く精神的にもきつかったので
ひきこもり状態になっていましたが、ふと、社会人になってからこんなに長く仕事をしないのは、初めてだと気づきました。

この機会にもとから好きだったクラフト関係の教室に通いたいとおもって
色々さがしていたところ、家の近所に「とんぼ玉教室」を偶然みつけて、通いだしました。
チケット性で1回2時間、バーナーワークの基礎から教えてくれます。
昨日で5回目だったのですが、やっと最近形があるものをつくることができるように。

080119ぶどう玉2

これが作ったもの。「ぶどう玉」といいます。
金色の棒はしんちゅう線です。同じ大きさで形よくつくるのはまだ難しいです。
このぶどう玉を11個から13個、つなげると、ぶどうの房の形が作れます。
ぶどう玉の次のカリキュラムが「はっぱ作り」なので、はっぱができれば、ぶどうが完成します。

「とんぼ玉教室」なので、最終的にはとんぼ玉をつくるわけですが、
基礎からやってるので、先週までずっと、「細引き」という作業を繰り返してました。
簡単にいうと、直径7mmくらいの棒状のガラスを、直径3mmとか5mmとか自分で太さを決めて、バーナーで溶かして細く伸ばすわけです。
ところが、端っこだけ太くなって中心が細くなったり、決めたより細くなったり、全然上手くいかないのです。
思わず手で直したくなります。(手でもったらおおやけどです)

12月末からひたすら棒ばかりつくっていたのですが、やっと棒引きは卒業し、4回目は1色のぶどう玉、5回目はグラデーションのぶどう玉をつくらせてもらいました。
まるくなったガラス玉はとってもかわいくて、作っていて楽しいです。(=^ェ^=)

080119ぶどう玉ピアス

さっそくできた玉で、アクセサリーをつくってみました。お花のパーツはビーズショップで買った既製品。

080119ぶどう玉

グラデーションのぶどう玉のUP。 片方、気泡がはいっちゃってますね。

同じ大きさで同じような形にするのはかなり難しいです。
(でも先生は、簡単につくってましたが・・・(-_-))
20 : 34 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。