スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
こんなの入ってました(=^ェ^=)
2007 / 06 / 21 ( Thu )
20070621204423.jpg

たんすの引出しをあけたら、こんなの、入ってました。



・・・というのはもちろん、うそですが。

でも、「たんすの引出しをあけたら、
こんなのが 入っていきました」というのは本当です。
引き出しあけて、洗濯物しまおうとして、ちょっと背中向けて
振り返ったら、こんなことに。

柚、どこでもはいらないでよ、ほんとに。
しめちゃうよ、そのまま。

20070621204415.jpg

「ん?」

スポンサーサイト
21 : 03 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
マチルダ
2007 / 06 / 21 ( Thu )
20070621204338.jpg

20070621204347.jpg


バラたちが一休みでネタ切れ気味なので(^^ゞ
またマチルダ登場。
この人しか咲いていないんだもん、UPできるようなお花は。

あきれるくらいに花つきがいいです。
20 : 58 | FL マチルダ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オーストラリアンブルーベルズ&ピーチベルズ
2007 / 06 / 21 ( Thu )
クレマチスの白麗とハナシマを購入したときに
一緒に購入した、オーストラリアンブルーベルズ。
20070621204404.jpg

以前も持っていたのですが、つるでトレリスにからませて、1mくらいの背丈に大きくなっていたのに、水切れであっさりと枯れてしまいました。
1年近く育ててたのに・・・
好きなお花なので、今回小苗でリベンジ。

20070621204356.jpg

一緒にやってきたオーストラリアンピーチベルズ。
ピンクベルズ という名前で流通することも。

これは前から欲しかったのですがなかなか出会わなくて、今回一緒にみつけたので、初めてお迎え。
淡いピンクのお花がかわいいです。

ベルズの種類は、この二色のほかに白花が咲く、オーストラリアンパールベルズ があるらしい。
それも欲しいですね(=^ェ^=)
でもすごく大きくなるので、考え中。

トレリス買わなくちゃ。
またクレマチスみたいに、つるがぐるぐるになっちゃう・・・(-_-;)
20 : 56 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アンドレア開花
2007 / 06 / 21 ( Thu )
20070621204301.jpg

アンドレアが開花しました。実は2番花になるのかな?
1番花の5、6つあったつぼみは、全部ひどいウドンコで、ボール状な上
まともに開きそうになかったので、全てカットしたのです。
なので、これが今年初めてのお花なのですが。

去年までは半日陰どころじゃない、ほぼ日陰に置いてあったので
徒長気味ではあるものの、きれいな藤色でしたが・・・

この品種も、紫系の宿命で、紫外線変色がかなりでるみたい。

20070621204319.jpg

20070621204329.jpg

3日後、開きましたが・・・あらら。
なんてへんてこなお花。

葉っぱの茂りは悪くないし、徒長も直ったのですが・・・
う~ん、何がいけないんだろう?なんか去年のほうが数は少なかったけど、お花は綺麗に咲きました。
植え替えたから根づまりでも肥料切れでもないとはおもうんだが。

うどんこがひどかったからだろうか?
ああ、不満足な出来だ~
20 : 50 | Min アンドレア・パレード | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
マチルダ 2番花開花
2007 / 06 / 12 ( Tue )
20070611230117.jpg

20070611230127.jpg

マチルダも2番花の開花が始まりました。
1番花もすごい数のつぼみだったけど、うどんこがかなりでて
あまりきれいじゃなかった。

こちらも2番花のほうが小ぶりだけど、綺麗です。
また蕾がすごい数・・・少し摘蕾したほうがいいのかも。

無香だとおもっていましたが、今日確認したら
甘い香りがうっすらありました。
00 : 28 | FL マチルダ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
モスコウ・フォーエバー 2番花
2007 / 06 / 11 ( Mon )
20070611230057.jpg


2番花開花。サイクル早いです。
モスコウは4本立ちのを2本ずつ分けて植えたので、2鉢ありますが
微妙に開花時期がずれて、こちらは春、ほぼ一番に開花したほうの鉢。

1番花はうどんこがでて綺麗じゃありませんでしたが
2番花はみちがえるように綺麗です。
チェリーピンクのカップ咲き のはずが、真紅だな・・・
樹形はあまり背が高くならず、こんもりしげるタイプのようです。

不精なわたしは、挿し木苗を購入した場合
根鉢をくずさず、2周り大きな鉢にそのままスポッと植え替えるのが常ですが
このモスコウは、なぜかちょっと気が向いて分け植えしてみたのです。
分けて植えるとやはり1本ずつの生育はよいようですが
そのかわり根っこをいじるので枯れる率は高いです。

まあ、今後も分け植えしないでそのまま派かな・・・
そのほうが楽だし、鉢も増えないし。(^^ゞ
23 : 15 | Min モスコウ・フォーエバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モコモコ
2007 / 06 / 11 ( Mon )
20070611230047.jpg


え~ん(泣)
昨日はコロコロでかわいかったのに、今日はこんな姿に・・・。
昨日撮影しておくべきだったよ・・・
デジカメの電池が切れちゃったから後で、とか思ったのがいけなかった。

モコモコは購入時、4本立ちの挿し木苗でしたが
あまりつよくないらしく、少し水切れさせたり色々で
現在の生き残りは1本だけ。
剪定してから背丈もあまりのびず、小さいまま。
10cm未満の背たけで、やっと1つだけお花をつけてくれました。

ぜひコロコロ状態で撮影してあげたかったけど・・・
でもこんな風に全開したのははじめてみました。
モコモコってこういう風になるんだ~
23 : 09 | Min モコモコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
スィートチャリオット(2号)
2007 / 06 / 11 ( Mon )
20070611230038.jpg


去年春購入の株は一番花が終わったところで、今年春購入の株が咲き出しました。こちらは香りが強めです。
第一号が香りが弱かったので、ちょっと残念でしたが
よかった~
23 : 04 | Min スィートチャリオット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マルゴス・シスター満開♪
2007 / 06 / 07 ( Thu )
20070605011243.jpg

20070605011252.jpg

20070605011300.jpg


ポリアンサのマルゴス・シスター。
1番花は5月頭に、1,2個、小さいのがやっと咲きましたが
花首にうどんこがでまくりで、だめだめでした。
黒砂糖+洗剤のスプレーをこまめにしていたら、
3週間くらいで、房でものすごい数のつぼみがぐんぐん上がってきて
見る間にこんな満開に(=^ェ^=)

購入以来、一番の咲きっぷりです。
マルゴス・シスターは接木大株を購入したので、このくらいはあたりまえなのかもしれませんが、2005年夏の終わりに購入してからずっと、ほとんど日照のないところにおきっぱなしでした。
ほんとに日照がたりなかったらしく、お花どころか
葉っぱのしげりもあやしいくらいでしたが、
今年西日とはいえ日照があるところに移したら、少しずつ回復したみたい。
日があたるので、今までよりもピンクが濃くでています。
前は純白で咲いてましたが・・・
名前不明のポリアンサと少し似てますが、マルゴス・シスターのほうがカップが深くてコロコロしてますね。

20070605011314.jpg

株の左半分。右にもお花が房でついてます。
樹形がY字みたいでへんてこですが、元気ならばよしとしよう。


挿し木の小さい苗は、回復するのも1ヶ月くらいで早いのですが
大株のほうが、回復するのに時間がかかるような気がします。

ミニも大きなバラも、春の一番花軍団が開花を終えて
寂しくなった庭の中で、このマルゴス・シスターだけが満開を誇っています。
09 : 54 | Pol マルゴズ・シスター | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
グリーンアイス
2007 / 06 / 07 ( Thu )
20070605011232.jpg


去年春は絶好調だったのに、秋くらいから調子が悪かったグリーンアイス。
日照がよいところに移したら、段々調子をとりもどしてきました。

基本的に日照不足にもある程度は強いようにおもっていましたが
それも株の体力によるのかな。
株が充実してれば、日照が少なくてもいけるのかも。
09 : 43 | Min グリーンアイス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
名前不明ラベンダー色
2007 / 06 / 07 ( Thu )
20070604143038.jpg

20070604143057.jpg

20070604143104.jpg

名前不明ラベンダー色 のミニバラ。
少し曇りが続いたので、紫系につきものの強烈な紫外線変色は
今回でませんでした。

この品種は、購入したとき丸弁カップ咲きのように咲いてたのですが
その後ずっとこの咲き方しかしてくれません(-_-;)
なんかあまり整っていない独特の変わった咲き方です。

前の咲き方のほうがすきなんだけど・・・
樹形は間違いなく、思い切り横張りですね。
09 : 40 | Min 名前不明紫(森田バラ屋) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テディーベア
2007 / 06 / 07 ( Thu )
20070604142932.jpg


1番目に開花したテディーは、少しでたうどんこの影響もあって、
あまりよい形ではありませんでしたが、
これは3,4個目かな、なかなかきれいな形に開花しました。
09 : 36 | Min テディーベア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
班入り豆バラ(五色バラ) 初開花
2007 / 06 / 04 ( Mon )
昨年、山野草のお店で、何色のお花が咲くかさえわからないまま
購入した「班入り豆バラ」。
以前、「五色バラ」という種類じゃないかな?と教えていただいたのですが
はじめてお花がさきましたよ!
ピンクのお花かな?とおもっていましたが、白でした~

気づいたらベストな状態をすぎてしまってたので
あまりいい写真じゃないのですが・・・(-_-;)
20070604142952.jpg

20070604143002.jpg

芯のところが、透明感がある淡いオレンジ。面白い色です。
原種系らしく、花びらがハート型ですね。
とても花びらが薄いので、雨が映っています。

20070604143010.jpg

班入り種だからか、茎の先端部分とか新芽、つぼみのがくの部分が
白かったり淡いサーモンピンクだったりします。
中央付近につぼみが映っていますが、子房とステムが白&ピンクなのがわかりますか?

1cmもないくらいの小さい葉っぱは全てグリーンと白とで
きれいに班がはいっていて、お花がなくてもきれいです。

ただ・・・すごいとげ、なんですよね。
しかもシュートや枝が、真横に這うように伸びるんです。
その伸び方たるや、ものすごい勢い。
現在一番長い部分で70cmくらいかな。
数日みないと5,6cm近く伸びている事もざら。
通行の邪魔なので、あまりにも伸びてるときは切ってますが、
またそこここから、ぐんぐん伸びるんです。

山野草用のあまり養分なさそうな土に植えていてこれなので
バラ用の土に植えて鉢も大きくしたら、一体どんなことになるのか?
手におえなくなりそうで怖いですが、ちょっと見てみたい気もします。


14 : 56 | Sp 班入五色バラ (テリハノイバラ) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
クレマチス 色々
2007 / 06 / 04 ( Mon )
少し前に仲間入りしたクレマチスたち。
20070604132758.jpg

左の白いほうが 白麗(ハクレイ)。芳香性ですごくよい香りがします。
右のピンクのほうが 花島(ハナシマ)。こちらは香りはありません。
この2つはつる性でなく、木立性なので長くのびません。

2つの後ろにちょっとだけ写っているトレリスに絡んでいるのが白万重。
白万重はお花が終わり、剪定、誘引しなおしたところです。


20070604140126.jpg

先日、開花をはじめたフロリダカシスも、その後、たくさんのお花をどんどん咲かせてます。咲き始めは鮮やかな濃紫で、その後少しグレー味がかって渋い色になるようです。

20070604140139.jpg

中心部分が展開してきました。

ブルーライトは開花してから、1つのお花が1ヶ月以上ももち、
庭の中で存在感をはなっていましたが、昨日ついにお花をカットしました。
このタイプの万重咲きのものは、ほんとうにすごく長くもちますね~
なんだか、また収集にはまりそうで、危険な予感がします。(=^ェ^=)
14 : 46 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネコ・ネコ・モード (⌒∇⌒)
2007 / 06 / 03 ( Sun )
突然ですが・・・「ラブラブモード」っていう曲がありまして。
軽快な音楽に載せて、ほんの時々女の子の笑い声だとか、
「ラブラブモードで~す」って声がはいるだけで、歌はないんです。

なぜかわたし、この曲が前から大好きで、
1年くらい前に、大分探してCDアルバムを買ったんですね。

「LOVE LOVE MODE」
DIMITRI FROM PARIS(ディミトリ フロム パリス)というグループらしき方たちの曲でした。
なんと日本人じゃなかったのも驚いたのですが(だって日本語で「ラブラブモードで~す」なんですよ?)アルバムの中に「ネコ・ミミ・モード」って曲が。

よく覚えてないのですがたしか「ねこねこにゃああ~ん」とか・・・ものすごく、不思議系な曲でした。φ(@゜▽゜@)
しかも何故に日本語なのか、猫がよほど好きなのか?謎は残ります。


前置きが長くなりましたが、うちは今ネコ・ネコ・モードなので、
↑の曲のイメージを最近よく思い出します。
近々CDを探し出して、もう一度聞いてみようかと思ってます。\(◎o◎)/

20070603093003.jpg

20070603093105.jpg

柚さま。 年齢的には3匹の中で中間なんですが、
どうやらうちのボスに就任した模様。
左のくちびるの黒い縁取りがチャームポイント。(笑ってるみたい)

20070603092919.jpg

グレース。一番年上ですが、柚の後ろをついて回っています。
相当なびびりんですが、しかし織や柚に無表情で猫パンチを繰り出す一面も。不思議ちゃんな行動が多い。

20070603093122.jpg

20070603093130.jpg

寝ている柚さまにそっと寄り添って、寝るグレース。

うちに着たばかりのときは、微妙な距離感でさほど仲良しではありませんでしたが、急に仲良しに。

20070603093147.jpg

20070603093204.jpg

そして、一人、「近づきたいのに近づけない」織。
一生懸命、柚やグレースの後ろから忍び寄るのですが
半径30cm以下まで近寄ると、2人の猫パンチ炸裂で後ずさり。
「3歩すすんで2歩下がる」を体現しています。(⌒∇⌒)

そして思うようにいかないストレスは、わたしとハリーに
突然かみつくことで発散。

がんばれ!織。
13 : 38 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひとりごと
2007 / 06 / 01 ( Fri )
20070531162524.jpg

急に赤の他猫が2匹もあたしのテリトリーの中にはいってきて
わがもの顔にふるまわれてもさ、納得できないのよね。
最初はふうう!ってしちゃった。

織がいつもいた、お外がみえる窓際のお気に入りの場所も
柚とかいう人がいつも乗っかってるし。

20070531162552.jpg

ママは仲良くしなさいっていうけど、
織が「あそぼう?」ってそばにいっても、パンチを食らわしてくるしさ。
どうしていいかわからないよね。

20070531162503.jpg

まったく、苦労するのはあたしなんだから。
いつまであのひとたち、うちにいるのかしら?
01 : 25 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。