スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
懺悔・・・
2007 / 09 / 30 ( Sun )
懺悔します・・・

この夏、以下のミニたちがお星様になりました。
原因はわたしが水をあげなかったから。みんなごめんね・・・

ベンムーン
ラブリープリンセス
ベビーマスケラード
シャンビラン
デュエット・コルダナ
エリザ・コルダナ
ペパーミント・コルダナ
セルビニア・フォーエバー
バリ・フォーエバー
メッシーナ・フォーエバー
ダークサンレモ・フォーエバー
サンライズ・フェスティバル
レッド・フィグリア
アポロ・パレード

すべて仕事場においてあったものです。
2日にいっぺんお水あげてれば枯れずにすんだのに。

↑のうち、アポロは瀕死状態で、自宅に救出したのですが
苗がちいさすぎ、旅行に行っている間に数日雨が続いて、持ちこたえることができず、星になりました。
たぶん二度と手に入らないセルビニアやアポロはほんとに惜しいです・・・

枯れた中でもう一度ほしい、という品種は
デュエットと、ラブリープリンセス、サンライズフェスティバルかな。デュエットとラプリープリンセスはかなり弱いのですが。
手に入るならばアポロも。
他はもう買わないと思います。


【瀕死で救出後、ICU状態】
エンジェル・ダーリン

↑これはたぶん助かりません。
最初は大丈夫だったのですが、植え替えて養生したとたんにカラスに2度もひっこぬかれて、根っこがからからになったからです。
なんとか芽がふいてくれればいいのですが。
お気に入りなのに・・・カラスめ!

【瀕死で救出後、なんとか復活】
パヒューマ・コルダナ
クラウディア・パレード
ニコラ・パレード
ピサ・フォーエバー
モンテローザ・フォーエバー
ナポリ・フォーエバー
コルフ・フォーエバー
パルマ・フォーエバー
グリーンアイス
シルクイエロー
モーニングブルー・オプティマ

↑これらも自宅に移して、養生したところ、危機を脱しました。
グリーンアイスが瀕死になっていることからみても、
相当過酷な状態だったってことがわかりますよね・・・

自宅のもたいして世話しているわけではなく、週に2日、必ず水をあげてたという違いだけなのですが・・・

今度はもし増やすならば慎重にえらぼう。

こういう過酷な環境にあっても勝手に花をばしばし咲かせていた品種が
↓です。

レッドモンテローザ・フォーエバー
レトランジェ

確かに株は大きめで鉢も8号~9号なのですが、10号鉢以上の大株は他にもあったけどそれはあまり元気なかったし。
この品種は相当強い、ってことはわかりました。
スポンサーサイト
15 : 53 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
すごい変化
2007 / 09 / 30 ( Sun )
20070930013056.jpg


ミニバラ「モカフェ・ローズ」(旧カプチーノ)。
しかし何度書いても違和感があるな・・・この名前。

渋みのオレンジ色で咲いていたはずなのですが、おもむろにこのようなクリーム色になりました。しかも中心が濃い山吹色で、グラデーション。
カップ咲きのようになり、その後、この品種独特の形で、花びらが「ぺろん」っと外にそります。(こういうのも半剣弁の一種なのかなあ?)
すっごくかわいいです。
花びらはもともと薄くてひらひらしており、なんか野放図で小さなオールドローズのようだったのですが、ますますひらひら~。

20070930013819.jpg

20070930013901.jpg

こんな色でさくもんだから、ついパヒューマと勘違いしてしまったではないか。(似てるのは色だけで、咲き方は全然ちがうのですが)
香りもかなり強いです。

20070930013723.jpg

株全体はこんな感じ。
つぼみがまだまだたくさんあります。
葉っぱも黒点にかかりにくいし、この品種は強いですね。

万が一枯らしたとしても、そして名前が腑に落ちなくても(結構わたしの場合名前は重要)この品種は絶対にまた買うな。
咲くたびに、段々お気に入り度がupする品種です。
02 : 04 | Min モカフェ・ローズ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
いきなり絶好調
2007 / 09 / 30 ( Sun )
20070930012850.jpg


マイクロミニのみさき。
拡大しますと、マイクロミニには見えないですね。(^^ゞ

この品種は今年の春までは、冬を越そうが薬をかけようが
とにかくもう、ずっとうどんこ。
もしくは黒点かハダニの連続で、葉っぱがまともな時期がほとんどなく。
花もうどんこにまみれてフロスト仕上げのようにしか
咲いたためしがなかったのですが、
今年の6月頃からうどんこがでたら、黒砂糖水+台所洗剤のスプレーを何回かしていたら、急によくなりました。

そして夏場に内芽をとってかなり透かしてあげたところ
涼しくなったとたんにわさわさに。

20070930012929.jpg

20070930013013.jpg

そして、こんな風にやっと、かすみ草みたいになってくれました。
かわいいです。(=^ェ^=)
01 : 56 | Min みさき | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ニコール・コルダナ
2007 / 09 / 30 ( Sun )
20070930012722.jpg


夏の間もちょっと目を離すとつぼみがばんばんあがってくるのですが
2cmくらいの小さい花しかさかないニコール。
かなりお気に入りの品種なのですが、どうも上手く育ちません。
株自体は大きくなってるんですがね・・・
黒点もうどんこもかかりやすいかな。

日を浴びて、真っ赤なニコールになりましたが、
かすりのような赤で、すきなタッチの色です。
01 : 52 | Min ニコール・コルダナ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おひさしぶりに開花チーム3
2007 / 09 / 30 ( Sun )
20070930012805.jpg


購入したあともちらほら、咲いてはいたのですが
ものすごく小さかったり、へんてこな花だったり・・・
ほんとにひさしぶりに比較的まともな花が咲いてくれました。

紫系につきもので例によって紫外線変色が激しく、どうも気に入らない種類でしたが、変色していない部分の色はきれいです。
01 : 49 | Min ブルー・オベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンゴ
2007 / 09 / 30 ( Sun )
20070926112537.jpg


ミニバラのサンゴ。
花びらの形の巻き込み方がなんか、不思議な独特な形。
淡オレンジで咲く事が多かったのですが、今回は黄色く咲きました。

よい香りは健在です。
01 : 41 | Min サンゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すてき! チャリオット
2007 / 09 / 26 ( Wed )
スィートチャリオット、1号株です。

開いて1、2日たったら、こんなによい色、形に変化しました!
20070926115246.jpg

開花したてはもうすこし紫が濃かったけど、この色かわいくないですか?
花の大きさも今までで一番大きい。4cmはあるかな。
そして春は香りが弱かったけど、すごくよい香り!

20070926115254.jpg

1週間後、またこんな風に咲きました。
小さなイヴ・ピアッッチェみたいじゃないですか?(^o^)丿
すごくきれい~

スィートチャリオットのほかの株は、まだ購入して1年たってないからか、
こんな風には咲かないです。
花びらもすくないし、花の大きさも1回り小さい。
やっぱり株が充実したからなのかなあ?
すごくおおきくなったからなあ。

房でつぼみがばんばんあがってきてるので、今後も楽しみです♪





11 : 57 | Min スィートチャリオット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お久しぶりに開花チーム 2
2007 / 09 / 26 ( Wed )
これもほんとに久しぶりに開花した、パヒューマ・コルダナです。
購入したときは立派な花がついていたのですが
それ以降、とてつもなく不調で、なんども枯れかけました。
うどんこ、ハダニ、ハバチ。
気づくと常にどれかに見舞われていて。

仕事場で挿し木苗2本ぽっち残って、瀕死になっていたので、
西日ががんがんあたる自宅に連れ帰り、養生していたら
1ヶ月でこんなに元気になりました。

20070926112521.jpg

20070926112529.jpg


同じタイミングで同じ鉢に、2色でさきました。オレンジ系とクリーム系。
このクリーム系の写真、あとでみたら「誰?」とおもいました。
サンドリーナだったっけ?とか・・・
でも、サンドリーナは咲いていないので、パヒューマなんですよ。
変な咲き方ですね。

ミニ仲間のお宅ではオレンジっぽく咲く事が多いようですが、
うちではオレンジのオの字もはいらない、グリーン~クリーム系でしか
咲いたことがありませんでした。
だから、オレンジ系は今回はじめて。
わたし的には、クリーム~グリーン系のほうが、実は好みなのですが。

香りは、今回もたいしてありませんでした。
なぜパヒューマと名づけたんだろう?
株が充実したら、いつかは強香になるのかなあ?


【9月29日追記】
↑のクリーム系の写真、パヒューマじゃなく、モカフェローズでした・・・
モカフェが変わった色で咲いたのと、パヒューマのクリーム色の花の写真も撮影した記憶があったのと、両方で勘違いしました。
咲き方が全然違うので、?とは思ったのですがね(-_-;)
いいかげんで、すみません。




11 : 51 | Min パヒューマ・コルダナ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お久しぶりに開花チーム1
2007 / 09 / 26 ( Wed )
20070926112513.jpg

ピサ・フォーエバーです。
まだ、夏花ですね。

ピサときたら、去年も1輪しか咲いてくれず、今年も春はつぼみさえあげなかったので、2年以上育てているのに、これが2回目にみた花です、実は。
好きな品種なのですが・・・

購入したときはほんとにずぶの素人だったので、かわいさに惹かれて、J&Hの2寸鉢を買ってしまったのです。おまけにニコラと同じ鉢に寄植えで、せまいベランダで半日陰の環境。

ここまで悪条件がそろって生き延びているんだから、実は強いのかもしれませんね。
日当たりのよいところに移して1ヶ月、こうしてつぼみをあげてくれました。
このバニラアイス色はすごく好きなので、なんとかきれいに咲いてもらいたいものです。
こんな夏花なのに、甘い香りは健在でした。
11 : 44 | Min ピサ・フォーエバー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クレマチスたち 開花スタート
2007 / 09 / 26 ( Wed )
ミニバラ、バラもちらほら咲き始めましたが、
暑さのもどりで、まだまだ夏の花の状態です。
バラたちにさきがけて、クレマチスがちらほら咲き始めました。

クレマチス「白万重」
20070926112425.jpg

20070926112435.jpg

なんとなく勝手に、もっとおおきめなイメージでいたのですが
花の大きさは4cmくらい。
購入したのは処分苗なので、うちにきて初めて咲く花です。


クレマチス白麗
20070926112444.jpg


芳香品種ですごくよい香り。このすっきりした香りはとても好きですね。


クレマチス花島
20070926112455.jpg

こちらは香りはありませんが、白麗とおなじ大きさで色違いみたい。
同じ鉢に植えているのですが、白麗のほうが草丈は5,6cm高く、花島のほうが姿は乱れません。


20070926112504.jpg

いつも、白麗が咲き出してほとんど全部のつぼみがひらいたころに、花島がちょっと遅れてさきだします。
ちょっとだけオーバーラップして、2色の花の競演を楽しめます。

それにしても、白麗は草丈が20cmくらいに高くなり、いつも横に倒れたりあちこちむいたり、なんだか乱れているのですが
こんなものなのかなあ・・・それとも剪定の仕方がいけないんだろうか?
今回、花が終わった枝は思い切って、もっと根元ちかくから切って見たのですが、コンパクトになるかなあ?
11 : 38 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フクシア エンジェルスイヤリング (ピンクオパール)
2007 / 09 / 26 ( Wed )
先週無事に旅行から帰りました。(^o^)丿
旅行の写真は大量にあるので、整理がつき次第、またupします。
急だったけど、楽しかったから行ってよかった!


写真はフクシア。
夏の暑さに特につよいという「エンジェルスイヤリング」というシリーズ名で
販売されている「ピンクオパール」というカラー。
上手く育てれば、冬も越せるようなのですが、株が大きいせいか
水切れしやすい・・・水切れするとつぼみや花が落ち易いですね。

20070926112416.jpg


はかなげなピンクOnピンクで、色が気に入っています。
11 : 29 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏のバラ
2007 / 09 / 12 ( Wed )
20070910114947.jpg

モーニングブルー・オプティマ(Min)
6月頃に黒点がでて調子がいまいちだったので、
ずっと摘蕾していたのですが、ちょっと目を離したすきに
5つもお花が咲いてました。
夏の花なので、花弁はやっぱり少なめです。

20070910114833.jpg

アンティーケ・コルダナ(Min)
これも6月頃に黒点がでて、挿し木苗3本立ちから2本枯れて
最後の1本だけになっていました。
しばらく養生していたのですが、急に元気に。
このところ2つ続けて咲いています。

20070912102142.jpg

コルフ・フォーエバー(Min)
仕事場においていて、ほとんどかまってあげなかったところ、
瀕死の状態になっていたので、自宅に移しました。
苔と雑草をとって枝を整理しただけなのに、みるみる元気になり
あっという間につぼみを5つもあげてきました。
はなびらの色がみえていた1つだけ蕾を残してあとは落としたのですが
花弁はやっぱり少なめ、セミダブルのようなお花に。
色だけが、コルフ特有のピスタチオグリーンと淡い赤のぼかしがはいっています。この色、大好き(=^ェ^=)。 甘い香りは健在です。
この品種は背丈がほとんどのびないですね。
強めに剪定しすぎて、背が低いままです。

20070912102233.jpg

マチルダ(FL)
これも、少し涼しくなったら、とたんにものすごい勢いで
つぼみをあげてきたので、2,3つ残してみたのですが
少し小さめで5cmくらい、やっぱりまだ早かったみたい。


20070912102220.jpg

ドレスデンドール(Min・moss)
これも夏場もちょこちょこ咲いてくれてました。
葉っぱの形をみると、ポリアンサの血がはいっているようです。
ポリアンサ系は暑さに強くて早咲きですね。
ただ、やっぱり微妙にはなびらの数が少なく、カップ咲きにはなってません。
お花の大きさはほぼ本来と同じ4cmくらい。

20070912102206.jpg

スィートチャリオット(Min)
これもポリアンサ系。暑さには強そうですが、水切れには弱い。
夏の間はさすがに背丈がのびませんでしたが、少し涼しくなっただけでみるみる葉っぱとつぼみがめきめきと。
5株ありますがすべてがちらほら咲き始めました。
春は香りがよわかったけど、今回はまあまあ。

20070912102244.jpg

マルゴスシスター(Pol)
この品種は入手してから1年間ほとんど日があたらないところに置きっぱなしで、お花がみれませんでしたが
日当たりがよいところに移したら、一気に本領発揮です。
こんなに房咲きになるとは・・・
やっぱりポリアンサなので、早咲きです。
そしてほとんど本来のお花に近い咲き方で咲いています。
若干小さいかな、って程度です。
09 : 51 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
グレースのこと。
2007 / 09 / 10 ( Mon )
もうブログを更新しないのじゃ?(笑)とおもわれるくらい放置し放題でしたが・・・

お休みしている間に、グレースが病気であることが判明しました。
血液検査したところ、病名は猫伝染性腹膜炎、FIP。

この病気は、判定自体がかなり難しい病気で、
今のところ、治す方法がない不治の病です。
ただ、猫エイズなどと同じで、キャリアの状態で発症しなければ
天寿をまっとうする子もいます。
ただし、一度発症してしまうと、絶対に助からない。
そして壮絶な最後を迎えます。

また、この病気はウイルス性なので、他の猫にも移ります。
ただし、この病気のもとになるコロナウイルスは、大体どの猫ももっているもので、その猫の免疫力がたかければ、体内にはいってきても、自ら退治することができます。

柚と織の検査はまだこれからですが、
もし2匹が感染していなかったら、グレースだけ隔離しなくてはいけない。
3匹とも感染していたら、グレースと同じ処方を続けなくてはいけません。

わたしにできることは、キャリアの状態のまま
病気を発症させないようにすることだけ。

まず、ストレスをできるだけ与えず、静かな生活をさせる。
FIPによって腎機能が悪くなってますので、たんぱく質をできるだけとらせない。
また毒素を体外に自力でだせませんので(通常はおしっこでだす)、薬を毎日飲ませます。(活性炭のようなもの)
そして免疫力を高めるような対処をする。

グレース自身の免疫力がたかまれば、体内にはいってきた悪いウイルスを
少しでも押さえ込んで、中には押さえ込んでしまえる子もいるらしいのです。

最初はこの病気であることがわかって、ものすごく落ち込みましたが
でもなってしまったものはしょうがないのです。
わたしが落ち込んでいた間、猫たちも挙動不審でした。
それなので、明るく闘病生活を送ります。

ストレスを与えてはいけないのですが、毎日グレースに錠剤を3つ飲ませます。
ものすごくいやがってましたが
私が薬の飲ませ方が上手になればよいだけですよね。
そして毎日薬をあげてたら、ほんとに上手になってきました。(=^ェ^=)

最初は3つぶのませるのに、40分くらいかかってました。はがいじめにしてひっかかれて、失敗してつぶをかみくだいてだしてしまったり・・・
でも今では、3つぶのむのに5分もかかりません。

グレースも飲むのが上手になってきたので
1粒のむと、褒め称えなでなでするので、さほどいやがりません。

お薬の時間につかまえようとすると、逃げ去っていましたが
つかまえる気配をみせずに、捕まえるのも上手くなりましたよ。

20070910084729.jpg

20070910084600.jpg

20070910084615.jpg


すこしやせてスリムになったグレース。
カメラがこわいので、やっぱり固い顔をしてます。
でも、もう初期動作が速いデジカメを買ったから、逃げる前に撮れちゃうもんね。(^o^)丿

ごはんはあまりたべませんが、食欲も少しありますし、
ねこじゃらしでも元気に遊びますよ。

記録として:

8月20日時点数値 クレアチニン2.3mg 総蛋白8.8g アルブミン2.6g
(腎機能 約50%だけ機能している数値)
8月26日時点数値 猫コロナウイルス抗体 400

特に急激に症状が出なければ、また半年後に血液検査してみようとおもいます。
08 : 44 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
今日から黄金週間
2007 / 09 / 10 ( Mon )
はあ・・・なんでこんなにまあ、あれこれと忙しいかしれないのですが。
とにかく、今日から来週まで、お盆中に汗して働いていた代わりのお休みです。(=^ェ^=)

何かどこかにいきたいけれど、猫どももいるし、
旅行の手配や準備なんかしてる時間的余裕もまったく0だったし
たぶん家でまったりすごします。

家の中もかたづけないと、台風後のようになってるし。
でも、これから1週間休みだ、とおもうと気持ちがちがいますね。(^o^)

いつもあれもこれもやろう、と思っているだけで
結局ほとんどできないので、計画的にすごそうかな。
08 : 22 | 日々あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。