スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新入りさんその2 山あじさい編
2008 / 02 / 28 ( Thu )
今日届いた新入りさん 山あじさい編です。
山あじさいは、園芸種のあじさいの原種で、花の大きさも小さめのものが多いです。
大輪種といわれるものでも、花のぼんぼり玉部分の大きさが7、8cmくらいだと思います。
いわば「ミニあじさい」のような感じ。

性質もあまり強烈な日当たりを好まず、クリスマスローズのように木の根元のような半日陰を好みます。年に1度しか咲きませんが、花もちもよく、雨をよければ1ヶ月くらいは、優に花を楽しめます。
その1ヶ月の間に、じっくりじっくり色が変わっていくのも楽しみなんです。

クレマチスとおんなじような感じで、今時期は枝にぽっちり芽がでてるかでてないか、の感じでみかけはまるで「枯れ枝」なので、写真はネットから拝借。

                         * * *

山アジサイ 日向紺青2

日向 紺青 (ひゅうが こんじょう)。
「写真よりも実物の色を見て欲しい、吸い込まれるような濃紺。 宮崎産」だそうです。
咲くのが楽しみな濃い青。 ガク咲き。

山アジサイ 土佐の暁

土佐の 暁 (とさの あかつき)
「緑花で咲き始め、独特の色に変化してゆく様は まるで朝焼けの様。高知産」だそう。
渋い複雑な色です。 ガク咲き。

山アジサイ 美里てまり

美里 てまり (みさと てまり)
「淡赤紫色の品種。四国産」 半てまり咲き。

                          * * *

園芸種のあじさいは、ぼんぼりのように玉になる「てまり咲き」のものが主流ですが
山あじさいは、ガク咲きの品種が多いようです。
それに国産なので、名前がかなり面白いです。土地の地方の名前がついているものも多数。

山アジサイ 新宮てまり

これは、以前からある、「新宮てまり」という品種で、おととし、うちで咲いたときの様子。
「見事な球形になるてまり咲き。 愛媛産。淡い色合いに 染まります。花付きの良さも魅力。」だそうです。

園芸種のあじさいをそのままミニミニにしたような完璧なてまり咲き。
花のぼんぼり部分の大きさは6、7cmくらい。1つの花(がく ですが)は1cmもありません。これで大輪種だそうです。
咲き始めは淡い黄緑がかった白で咲いて、そのあと写真のように淡い青紫に。咲き進むと全体にグリーンがかってきます。
日々色の変化を見守っていると、きれいすぎて毎日ため息がでるくらい。

バラと同じで花後に剪定をすると枝数が増えますが、あまり遅く夏を越した後に剪定すると、翌年花が咲かないこともあるそうです。
まだ、お世話方法は試行錯誤ですが、病害虫もなく、育てやすいと思います。

スポンサーサイト
21 : 35 | ヤマアジサイ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
新入りさん その1 すみれ編
2008 / 02 / 28 ( Thu )
ネットでみつけて頼んでおいた山野草類が今日到着。
新入りチーム すみれ編です。

園芸種でもパンジー&ビオラがとても好きで、
毎年どの色あわせにしようか楽しみに選んで育ててますが
パンジー&ビオラの元になった日本すみれも大好き。

少し郊外にでもいけば、路地に自生しているすみれもみかけますが
移植が難しいらしく、種をとってまいて育てるしかないので
気短なわたしには不向き(笑)・・・すみれの苗がでていると少しずつ集めてました。

今回は2種。 かなり安い苗だけあって、花つきではなかったので、写真はネットから拝借しました。

すみれ 紅花あつば

紅花 あつば  という種類。
うす紫で中心に赤紫がはいります。花はついてなかったけれど、つぼみがちらほら見えます。

すみれ 明神

明神 という種類。
正統派な感じの濃紫のすみれ。引き締め役に選びました。

日本すみれ ホワイトフェアリー

こちらは、もとからうちにいる古株。
去年咲いた映像です。名前が不明確になってしまったのですが、たぶん「ホワイトフェアリー」か「スィートフェアリー」という名前です。
名前からすると、完全な原種ではないのかな?
ごく淡いうす紫で、ほんのり中心が濃くなります。

上の新入り2種と葉っぱの形がまったく違います。
切れ込みがはいった繊細な感じの葉っぱ。上2種はパンジーやビオラの葉っぱとも似た、細長い切れ込みなしの葉っぱ。
日本すみれの葉っぱは、おおまかにこの2種類があるようです。
面白いですね。
21 : 33 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ミニバラたちのシュート
2008 / 02 / 25 ( Mon )
ミニバラたちは例年にもれず、70種類以上あっても1種類も自主的に休眠にはいった品種はいませんでした。
剪定でつぼみや葉っぱをできるだけとりましたが、その時点でも新芽がすでに動いてる品種もあり。元気だね~
去年年末まで暖かかったせいか、1月には株元シュートが顔を覗かせてる品種もちらほら。

剪定後ますます、シュートが活発にでてきてます。
調子がよさそうな品種をいくつか、ご紹介。


サンドリーナ・k080221-2

サンドリーナ・コルダナ
サンドリーナは2株ありますが、これは2号株。
株元からいいかんじにシュートが。
1号株はミニバラ栽培にはまるきっかけになった1番古い株ですが、調子があまりよくありません。
古い枝をばっさり切ったので新しい枝と入れ替わってくれればいいな。
あとは植え替えのときに根っこ少しきってみるつもりです。


パヒューマ・K080221

パヒューマ・コルダナ
去年の前半は仕事場でほぼ放置だったせいで
非常に調子が悪かったのですが、自宅に連れ帰って少し手をかけたらあっという間に元気に。
秋にはいくつか花をあげてくれ、やっと調子がでてきたところで冬に突入。
今年の春は爆発(笑)しそうな予感がするシュートです。


パリス・F080221

パリス・フォーエバー
これも、うちでは2番目に古い株。
1年目は爆咲きしてくれたのですが、その後元気がなく、心配していました。
ひさしぶりに、株元からシュートがでてきてくれて、うれしい。
いつも枝や芽がブロンズ色でシック。


モーニングブルー080221

モーニングブルー・オプティマ
去年秋シーズン、調子がよかった品種。
今年もなかなか飛ばしてます。


モカフェローズ080221

モカフェローズ
去年秋シーズン、2ヶ月ノンストップで爆咲き。12月後半からすでにシュートを出してました。今年もやる気満々です。
毎年、開花がかなり早く、うちの中ではトップグループで開花宣言しますが
2年連続で惜しいところで開花一番のりを逃してます・・・今年はどうかな?


ラヴィングタッチ080221

ラヴィングタッチ
そろそろ購入して1年たちますが、立派な苗がきたにもかかわらず
なぜかあまり調子がよくなく・・・でもこのシュートは急に持ち直したみたいですね。



前からいる品種は大分性質がわかってきたので、背丈があまり伸びない品種は長めに、大きくなる品種は短めに・・・横張で這うように伸びる品種は、わざと外芽と内芽を混ぜて剪定してみました。
わたしの性格だと、剪定はどうもバシバシ切ってかなり短くなってしまうので、
長めに残すの結構難しかった・・・(きらなきゃいいだけなんだけど 笑)
それと、どうも古株ほど調子がよくないので、古い枝はできるだけ切って、
植え替えのときは少し根っこも切ってみています。効果がでるといいんだけど。

それと今年の新しい試みとして、相原バラ園さんの剪定方法をみて気になっていた「げんこつ切り」も、少し試してみましたよ。

3月の半ばすぎると、ミニバラたちの新芽がいっせいにふいて、グリーンに染まりますが
毎年その季節が大好きです。
新芽がぴかぴかに光って見えます。もうじきですね~
09 : 39 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ワインレッドに色変わり
2008 / 02 / 24 ( Sun )
昨日の午後から、台風並みの強烈な暴風が吹き荒れてます。
皆さんのお庭、大丈夫でしょうか・・・
うちのビル、昨日から左右に揺れてます。ちょっと地震並み・・・。
織がちょっと挙動不審になってます。怖いのかな?


先日、仲間入りした「ちょっとだけバイカラーのピンク セミダブル」のクリスマスローズ。
小さかったつぼみが大きくなり、久しぶりに開花しました。
そうしたら・・・
080223クリスマスローズ赤セミダブル2

濃い目のワインレッドに変身~!
実物はもっと濃いです。(実物のままだと中がほとんどわからないので明るめに加工してあります。)

↓以前はこんな感じでした。
080130クリスマスローズセミダブル2

やわらかいピンクにうっすらグリーンが入っていたのですが・・・

今回は全くグリーンは隠れてます。
外にだしたから寒くてこうなったのかなあ?
でも外に出してから咲いた1輪もおんなじ色だったんだけど。
ネクタリーのところも、色が濃くなってます。
ブロッチがぱらぱらはいっているのですが、色が濃くなったのであまり目立たなくなりました。
あと1つだけ、つぼみがあります。

今の濃い色のほうが好みなので、これはこれでいいんですけど、
バラと一緒で結構、色が変わるものですね。



ほかのクリスマスローズたちもまだ咲いてくれています。
080221クリスマスローズ糸ピコ

080221クリスマスローズ糸ピコ2

↑糸ピコのその後。かわいい・・・
今開きだしたので花は全部です。

080221クリスマスローズ白ダブル2

080221クリスマスローズ白ダブル

↑白ダブルのその後。
花びらの裏に赤が少しはいたみたいに入っています。寒いからだね。
ちょっとダブルの内側の花びらの形が変わってきたみたい。
根元が少し細くて、空いています。
今咲いている花以外に、つぼみがあと1つあります。

去年購入したピンクのシングルは、ようやく花芽があがってきたところ。
順調に花芽が大きくなっています。
どうやら、花茎は3本立ち上がるみたい。楽しみです♫
09 : 49 | クリスマスローズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヒナ草の植え付け実験
2008 / 02 / 23 ( Sat )
クリスマスローズ白ダブル購入時に一緒にやってきたヒナ草。
大株に育つと強健 ということでしたが
蒸れで枯れやすいとの情報もありました。

育て方をネットで調べているときに、どこだか(たしか盆栽系のサイト)で「蒸れやすいので小房にわけて植えつけるとよい」とあったので
植え付けのときに、試してみました。

080221ヒナソウ青

ヒナ草 青 2株は、株ごと、素焼き鉢にそのまま植え付け。
こちらは根鉢を軽くほぐしただけなので、問題なく活着。

080221ヒナソウ白

ヒナ草 白 2株は、1株を4、5房に細かくわけ、
間をあけて植え付け。 かなりメリメリ根っこを切ったので心配でしたが
活着してくれたようです。 植え付け後10日たってほとんどの部分がしおれてなかったので
半日陰から日向に移しました。

実は ↑のようにしちゃってから、
小房にわけるなら、危険性があるから、青と白1株ずつにすればよかった・・・と後悔。
最初そうするつもりだったのに、なんかボーッとしてて、やっちゃってから気づく始末。
まあ、根付いてくれたみたいなのでよかったのですが
でも、もし分けてないほうが蒸れたら、白だけ残って、青が枯れちゃうじゃん・・・

ミニバラの植え替えと一緒にやってたので、混乱したかな。
どうも最近ボケててだめですね。
10 : 02 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
べろちょろ 2種
2008 / 02 / 22 ( Fri )
以前にも書きましたが、猫って時々べろを出したまま、しまうのを忘れています。

今までは鼻がつまっているせいか、織だけが「べろちょろ」をしょちゅう披露していましたが、
通院のおかげで織の慢性鼻器官炎もやっと直り、「べろちょろ」がなかなか見れなくなりました。

鼻づまりが直ったのはとってもうれしいんだけど、「べろちょろ」が見れないのはちょっと残念。
だってとってもおまぬけでかわいいから。

ところが、2、3日前、連続でべろちょろショットを捉えることに成功。(おおげさ 笑)

080216織

べろちょろ定番の織。
鼻がつまってないせいか、べろの出方が控えめ。

080211グレース

これはめずらしい、グレースのべろちょろ。 初の撮影成功。
なんか・・・瞳孔が開いてて、うつろなんですが、もしもし?

080211グレース2

反応なし。 どこかに意識がいってしまってます。(笑)
何かに似てると思うんだけど、思い出せない・・・
ゲゲゲの鬼太郎の登場おばけ中にこういうおばけいましたっけ?

2分程このまんま固まっていて、そのあと我にかえってべろをしまってました。
一体どこにいっていたのやら。

柚はほとんど「べろちょろ」しているところを見たことがありません。


ところで、↑の写真だと、織のほうが黒目が細いですが、朝明るいときに撮影したからです。
普段は、織のほうが断然黒目がちです。

黒目勝ちって不思議な感じがするとおもいますが
同じ明るさのところにいても猫によって、黒目の大きさがちがうんですよ。
3匹と生活してから、こういう違いを初めて知りました。

グレースはかなり暗いところにいかないと黒目がまん丸にならず、大体黒目が小さいです。
毛色&毛質や体格からいって、洋猫まじりなのは間違いないグレース。
そのせいだと思いますが、目の形もまん丸でなくちょっと三角な独特な形。

織と柚は、明るいところでも結構黒目が大きく、目がまん丸なことが多いです。
明るさだけでなく、びっくりしても黒目は大きくなるらしいんですがね。
黒目が大きいほうが、おねがい猫みたいで、かわいいんですが
暗いから写真はきれいに撮れません。

シャッタースピード落とすと、シャッター下りるころには
大体 猫はカメラの前にじっといやしませんから・・・。
19 : 18 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クレマチスの植え替え&誘引
2008 / 02 / 21 ( Thu )
バラの植え替えは土がなくなったので、現在注文中。
土が届くまで一休みですが
クレマチスの土はあったので、そして今日はぽかぽか陽気だったので
植え替えと誘引をやってみました。

「いやしのにわ」は、ビルの屋上5Fにあるのですが、東隣にほとんどぴったりくっついて、隣のビルが建っています。隣のビルのほうが1階分高いので、残念ながら東からは日が全く当たりません。
そして隣のビルの5Fと6Fには、お隣の方の自宅があります。

080221隣の窓


↑これ、このように、お隣の5Fの小さい窓と、我が家の屋上とはほぼ同じ高さ。
お隣の方が窓を開け閉めしようとすると、ばっちり目があってしまい、今まで気まずい思いを何度かしました。
カーテンなどもされてないので、こちらがそのつもりでなくても、
お隣のお部屋も見えますし・・・よくほえるヨークシャーテリアも2匹いて
庭で作業していると、毎回ほえられます。

それで、一枚あまっていたトレリスを、写真のように立てて柵にしばりつけ、目隠しにしてみました。ちょうど窓の前にくるように・・・
ここにクレマチスをからませたいわけです。
トレリスにクギを打って、銅線をはりました。

080221白万重、白麗、花島

去年購入した、白万重。根元にインテグリフォリア系の白麗と花島を寄植えしてある樽(?)です。
白万重って、冬になってもほとんど枯れる様子もなく、青々してますね。
ある意味安心。
ほかのクレマチスは枯れてかりかりになり、「本当に生きてんですか?」と思わせられるので・・・

080221白麗

根元の土や枯れ葉などとりのぞいて整理してみると、白麗の根元に芽がでてきてました!

080221花島

こっちは花島。芽の形が違いますね。咲いているときは結構似ているのですが。

080221ブルーライトの根

別の鉢に単体で植えてあったブルーライト。
こちらも大き目の鉢に単体で植え替えます。根っこまあまあ張ってて元気そう。
枝のあちこちに芽が大きめに膨らんでますが、これからつるがのびるので
「『つる伏せ』(注:正しくは『つる下げ』です。最初の投稿で間違えて書きました 汗)をしたほうがよい」とクレマチスのナーセリーのHPで読んで
それらしきことをしてみました。

トレリスの下のほうに、つるをぐるぐる巻きにしておきます。
芽が伸びてきたら、つるを解いて、誘引すればいいんですよね?きっと。(よくわかんないけど)
フロリダカシスも「つる伏せ」(注:正しくは『つる下げ』)ちっくにしておきました。

080221クレマチス誘引後トレリス

白万重は最初から常緑で去年から伸び続けてるので、とりあえずトレリスに誘引してみました。これもつる伏せしたほうがよかったのかな?

弱剪定の品種なのですが、とりあえず何も切らないでおこうと決めてました。
でも、つるをほぐす時点で先っぽが何箇所か切れてしまい、強制的に弱剪定になってしまいました。

080221白万重

080221白万重2

白万重のつるを誘引するときに発見したのですが、
これってもしかしてつぼみ? ほかの芽とはあきらかに違う形なんですが。
でも、まだ2月半ばだから、まさか早すぎますよね??

どうもクレマチスってよくわかりません。
本を読んだり、HPで勉強したりして、少しだけわかってきたのですが・・・
わたしにとっては「何を考えているのか、わかりにくい人」です。(笑)
枯れているふりをするし、系統別で全くお世話が違うし・・・

ほしいなとおもう品種もほかにあったのですが、とりあえず今いるクレマたちともっとおなじみになってから、増やそうかなと思って、購入を見送りました。

それに比べると、バラは「何を考えてるか、わかりやすい人」かな。
ミニバラもはまってからしばらくは試行錯誤のお世話でしたが、
クレマほどわかりづらくはなかったし、結果もすぐでてくるし・・・
わたしの性格にはこっちのほうが合ってます。(笑)

15 : 11 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
バラたち 剪定後のつぼみ
2008 / 02 / 21 ( Thu )
2月の初旬にバラ、ミニバラの剪定をすべてすませましたが
そのときにずっと残していたつぼみをカットしました。

去年末から年を越してたつぼみもあったので
部屋にいれても開くかどうかな?と思っていたのですが
花瓶に水差ししておいたら、半分くらい開いてくれました。

080204バラいろいろ


白い大き目のがFLのマチルダ。
朱赤はオレンジマザーズデイ。ピンクのころころが、マルゴスシスター。
右下のはERのジュビリーセレブレーションと、FLのマジェンタ・クォーツですが
これは開かないままでした。ちょっとつぼみが小さかったし。

意外ときれいですね。
これで春の開花まで、バラ、ミニバラはお預けです。
(新しいのを買わなければ・・・)

14 : 43 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花芽がついに・・・
2008 / 02 / 20 ( Wed )
月曜日に ミニバラその他の植え替え第2回 を行いました。
2月初旬に1回目の植え替えをしたら、足腰にきて翌日がくがくで立てなくなったので
なかなか重い腰があがらなかったのですが、このままでは3月になってしまうし
シュートはばんばんでてきてるし、やらねば。

今回も重装備&ウイスキーと柚いりの紅茶ポット、ワンセグつきの携帯電話を準備。
TVをみながら(実際には音だけ聞きながら)、植え替え。
4時間でミニバラ15鉢+クリロー、クレマその他数鉢、大きなバラ8鉢の土たしと肥料やり終了。 ミニバラはまた株分けで増えちゃった・・・これ、どうするんだろ?

調子が今ひとつなミニバラが数種類あったので、もしかして、いるかな?と恐れていたのですが今回、ミニバラの1鉢に隠れていた、コガネ子2匹に遭遇。
1回目の植え替えのときも今回も、最初はでてこなくて安心していたら、最後の1鉢がビンゴ!でがっくり。2cmくらいで小さめだったので、まだましでしたが。

この1鉢だけ、仕事場の、しかも1階においてあったもので
それ以外の鉢からは全くでなかったので、ゴガネは高い階数には上ってこないのかな?
うじゃうじゃ出てこなくてよかったよ。

ミニバラ40鉢、大バラ全部、クリロー、植え替え&植えつけ&施肥終了。
ミニバラ&バラ剪定は全部終了してます。
ミニ約25鉢だけ、まだ植え替え残ってます。あと1回やればなんとか終わる予定。

ところで、クレマチス同士で、複数で寄植えってしちゃっていいもんでしょうか?
詳しい方教えてくださいね!
考えたのは、
「弱剪定の 白万重、フロリダカシスを同じ鉢からトレリスに誘引して、2種の根元にインテグリフォリア系の白麗と花島を植えて株元にあたる日をさえぎる」という計画なのですが・・・問題ありませんか?

                          ***


前置きが長くなりましたが、植え替えのときに、
以前に「花芽があがってこない~」と騒いでいた、去年購入したシングルのクリスマスローズの株元をチェック。

葉っぱがもじゃもじゃすぎるのかな?と気になって、株元の葉っぱだけカットして
根元に日が当たるようにザビエルのようにしておいたのですが・・・

080218クリスマスローズピンク花芽4


おお?
なにやら、ぜんまいのようなものが。
これは以前にmarikonさんに、花芽かもしれませんよ~と教えてもらったところなよう。
今までは何回か気にしてみていても、伸びてくる様子がなかったのですが
数日ぶりにみたら、立ち上がってきてます。

080218クリスマスローズピンク花芽
080218クリスマスローズピンク花芽2

アップで。
芽の葉っぱをめくってみる・・・ちょっと、失礼。

080218クリスマスローズピンク花芽3

おお!赤い花びらがみえました!これは花芽ですよね?!

我が家ではじめてあがってきた花芽。
2月も半ば過ぎていたので、もう今年はさかないのかな?と若干あきらめ気味でしたが
うれしいな♫ 

これから、茎が永く伸びてくるんでしょうか?
う~ん、楽しみ。 観察をつづけてみま~す。
10 : 52 | クリスマスローズ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新入りさん ♬
2008 / 02 / 19 ( Tue )
先週、お迎えした新入りクリスマスローズ。
080212クリスマスローズ白糸ピコダークネクタリー

080212クリスマスローズ白糸ピコダークネクタリー横顔

糸ピコ、ダークネクタリー様。

大きなバラの大苗をふくめても、うちにある全植物の中で、たぶんもっとも高価。
(たぶん、というのは去年12月の誕生日にもらったポインセチアの大鉢があるんですがそれもたぶん同じくらいじゃないか?と思うから・・・)

先週、実家の母と一緒に実家のそばのホームセンターにいって
2人でひとめぼれした子です。 糸ピコさんはこの子しかいませんでした。

2人して「いいね・・・この子、きれいね~」といいつつ、クリスマスローズの売り場をぐるぐる周回して、またこの子のところに戻って・・・
と3周くらい回って「でも、高いね、贅沢だね」と帰ろうとしたら
母が「じゃあ・・・買ってあげるよ。」
とプレゼントしてくれました。びっくり!

この年になっておねだりしたわけではないのですが、
元気がないわたしを心配して、母が元気付けようとしてくれたようです。
クリロー初心者のわたしにうまく育てられる自信はなかったので
「いいよ~」と一応断ったのですがね・・・結局、いただいてしまいました。

うちにきてから毎日観察してましたが、この子は花はこれ以上開かないタイプみたいです。
昨日でっかい鉢に植え替えましたが、根っこは白ダブルほどぐるぐる巻きではないものの、結構しっかりしてました。

大丈夫かなあ?
こんな繊細そうな花だけど、強さはシングルの普通のお安い子と変わらないものですか?
詳しい方、ぜひ教えてください。
うまく育てるのに気をつけることはありますか~

この子のとなりにいた子も変わった色合いのセミダブルで、きれいでした。
イエロー系で花びらの裏が紫のリバーシブル、ダークネクタリーでブロッチがたくさんはいってましたよ。ほしかったけど2つはとても買えない・・・(バラの大苗が4本、買えてしまう)

もっとお高い3万円くらいの株もたくさんあったんですが
結構広い売り場のずらっと並んだクリローたちの中で、この2株だけがぴかっと光って見えました。
ほんとに1つとして同じ花ってないんですね>クリロー。
1年に一度しか咲かないとしても、花の少ない時期に咲いてくれるし
1つ1つ個性的だし、ちょっとクリローの魅力にはまりかけてます。(やばい)
14 : 24 | クリスマスローズ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
クリスマスローズの植え替え
2008 / 02 / 19 ( Tue )
ああ、やっとカメラの画像取り込みソフトのディスクが見つかり、インストールできました。
CDがどこにいったのか見つからず、ずっと探していたんですよね・・・
画像処理ソフトのインストールがまだで、フリーソフトを使っているので
画像が今ひとつですが・・・


2月の頭にバラの冬剪定と新入り植物の植え替えを行いましたが
そのときのクリスマスローズの様子です。

白ダブルの大株。
080202クリスマスローズ白ダブル根っこ

18cmくらいの化粧鉢の中からビニールポットをだしたら
こんなことに!

根っこびっしり!根鉢が根っこでぐるぐる巻き。
土はいったいどこにいった?!

ビニポットの下穴からも根っこが10cm弱でていて、抜くこともできず・・・
しょうがないのではさみで切りました、ビニポットを。
それも根鉢が硬いのではさみをさしこむのさえ、一苦労。

本当はすごしほぐして植えたほうがいいんでしょうけど・・・
これはもう、かちんこちんに固まっていてどうにもなりません。
とりあえず10号鉢にうえつけましたが、この調子じゃ小さかったかもね。

080202クリスマスローズ白ダブル

↑の根っこの持ち主です。
こんな清楚な顔をして、根っこはすごいですね。

純白にグリーンのフラッシュがはいっていましたが、外にしばらくだしておいたら
うっすらピンクが乗ってきました。

080202クリスマスローズピンクセミダブル

若干バイカラーセミダブル。
この子はそれほど根っこはしげっておらず、普通程度でした。

でもバラに比べると、相当根っこはたくましいですよね>クリロー。
挿し木苗のミニバラに慣れていると、この根っこの巻き具合は、ちょっとびっくりします。

13 : 56 | クリスマスローズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
冬剪定&植え替え 覚書2
2008 / 02 / 19 ( Tue )
本日植え替え分
ミニバラ
*コルフ・フォーエバー 7号ロング鉢 変更なし
挿し木苗3本寄植え → 7号ロング鉢に1本 スリット鉢に1本ずつ*2鉢 合計3鉢に分割
根張り○ 古根1/4ほどカット

*ニコラ 変形6号鉢 変更なし
挿し木苗2本植え+ピサ・フォーエバーと寄植え → 
変形6号に1本、プラ鉢に1本。ピサは別に分け植え
根張り○ 古根1/4ほどカット
プラ鉢植えの1本はネマトーダかも?(根にこぶあり。こぶはカットして捨てた)

*ピサ・フォーエバー 変形6号鉢 → 7号鉢
ニコラ2本と寄植え → 分け植えしてピサのみに。
根張り△ 古根1/4ほどカット

*ルージュピンク 8号鉢から7号鉢へ
挿し木大苗3本 → 1本ずつに分割(1本を7号、残りはスリット鉢に1本ずつ2鉢)
根張り○
古根1/4ほどカット

*ドレスデンドール 10号鉢 変更なし
根張り○
古根1/4ほどカット

*レトランジェ  7号ロング鉢 変更なし
根張り○
古根1/4ほどカット

*マーブルローズ 7号鉢変更なし
根張り○

*シルクイエロー 7号鉢変更なし
根張り○(根が太めで真っ白)

*アンティーケ・コルダナ 7号鉢変更なし
根張り○
古根1/4ほどカット

*グリーンアイス 7号鉢変更なし
根張り○
古根1/3ほどカット

*名前不明オールドファンタジー風ポリアンサ
根張り△(こがね子 中2匹)
古根1/4ほどカット

クレマチス 
*フロリダカシス 5号ロングポット→10号鉢

本日植え付け
クリスマスローズ 白糸ピコ ダークネクタリー 植え付け
根張り○

施肥・その他
ローズマリー、アンブリッジローズ、パット・オースチン、ジュビリーセレブレーション、マチルダ、フェルディナン・ピシャール、イヴ・ピアッチェ、オレンジマザーズデイ

表面の土とふるいマルチングを捨て、表面の土をほぐす。
マグアンプKを施肥。表面にプロトリーフ バラの土3cmほど足す。

(オレンジマザーズデイは、癌種かも。根元に黒のいぼいぼが発生。そぎとって捨てておく。昨年同じナーセリーから購入したマルゴコスターも同じものがでていた。とって捨てておいたら去年はかれずに花が咲いていたが・・・)


09 : 04 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
パソコンこわれた・・・
2008 / 02 / 14 ( Thu )
先週、ついにパソコン、こわれました。

以前から、ものすごくへんてこで、1日に何回も強制終了したり、
キーボードのFのキーが強烈にたたかないとでてこなかったり(キーボードも変ってことですね)、インターネットにつながらなくなったりしていましたが
ついに、キーボードをいくら打ってもまったく反応しなくなりました。

しょうがないので、数日前に新しいパソコンに切り替えたのですが今度はVISTA。
今までのと使い勝手がまったく違います。
おまけに初期設定がなんかおかしなことになっていたらしく、
最初、インターネットにつないでキーボードをうつと、すべて英数文字しか出てこず
漢字変換ができません。

ワードやエクセルでは普通に日本語変換できるので、それを切り張りすれば、インターネット検索まではできるのですが、入力するのにいちいちそんな面倒なことをやってられないので、しばらく、インターネットは見るだけ。

いまだにメールも以前つかっていたアドレスでは送受信できません。
ああ、面倒くさい・・・
写真の取り込みソフトもまだ入れなおしていないので、しばらく写真も取り込めません。

以前から調子が悪かったのだから、別にのろわれているわけじゃないと思うのですが
(当たり前だ)
なんだか最近、よくないことばかりで落ち込みます。
あああ。

今日も寒くて、さっき屋上にでてみたらもう午後だというのに、バラたちの鉢全部に霜柱がたって土がもちあがってました。
昨日お水をやったわけではないんだけど、数日前の雨が残ってたのかな? 
根っこ大丈夫かなあ?
13 : 49 | 日々あれこれ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
最近読んだ本
2008 / 02 / 04 ( Mon )
あらまあ。なんと読書記録、2年ちかく更新してなかったとは。
しかし、わたしの生活に読書は必須なので、
ゆっくりペースではありますが、読書は毎日おこなっているのであった・・・(^^ゞ

この半年で特にお気に入りになった作家。
佐藤 多佳子
小川 洋子
北森 鴻
荻原 浩

佐藤さんは、ほんとに読むたびに、気持ちがやさしくなるような本ばかり、
自分が中・高校生だったころの気分をそのまま、タイムスリップしたみたいに味わえます。
この人は、大人なのにどうしてこんな話がかけるんだろう?
とてもお気に入りです。

残念ながら、著書の数がさほどないので、全て読み尽くし、新刊を待っている状態。
「黄色い目の魚」 と「サマー・タイム」はひさしぶりに100%満足な読後感でした。
最近、「しゃべれども しゃべれども」が国分太一主演で、映画化され話題ですね。

小川さんは、「博士が愛した数式」で一気にファンになりました。
博士=寺尾聰 家政婦であるところの私=深津絵里 主演で映画になったので注目ですが、
このキャストは、わたしのイメージよりも両方とも若い感じなんだな・・・

でもすごくよい本で、読んで泣きました。
記憶が80分しか持たない博士と、それを見守る家政婦とその息子の話。
なんて切ないんだろう・・・

北森さんはもっと前から、文庫がでるたびに読んでましたが
作家名から検索して、全ての本追ってを読んでいます。
旗師冬狐堂シリーズと、加菜里屋シリーズがとくに好き。
現在は、「凶笑面」を読んでいます。
北森さんの小説は、ほとんどが登場人物がちょっとだけかぶっている、視点が違う別ワールドで面白いです。

荻原さんは最近「明日の記憶」の映画化で注目されてしまった(笑)のですが
その前から好きでした。
「母恋旅烏」 旅芸人一家の話。
「神様から一言」 サラリーマンが閑職として、クレーム対応部署にいきなり配属された話
が特に好きです。


今よんでいる本、北森さんの「凶笑面」と、浅田次郎さんの「輪違屋糸里」。
わたしは普段、2冊同時に読むことはないのですが
今回はきまぐれで、分に合わせて読み分けています。

前者は現代の民族学の大学教授が探偵役をつとめるような推理系の小説
後者は幕末の新撰組と京都島原の芸者の物語で、
全く違う世界をトリップするような感覚です。
2冊同時に読むと、それぞれがじっくり味わえず、損するような気持ちだったのですが
今2冊読みわけているのは、最近の心境の変化によるものかもしれません。
00 : 42 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はみだしてる・・・
2008 / 02 / 03 ( Sun )
080126柚とグレース

↑1匹用ベットに、なぜか2匹。
はみだしてるし、ベットが壊れちゃうよ。(グレース、でかいしね・・・)

080126柚とグレース2

↑カメラが怖いグレースはけっしてカメラをみず、いつでもカメラ目線の柚はしっかりポーズをとる。(-_-;)


他にもベットはあるのですが、このベットだけ底面にヒーターをいれてます。
それでも2匹同時にはいっているのははじめてかも。
ヒーターをグレースが気に入ったらしく、
いつもグレースが真っ先に占領して他のコに使わせませんでしたが
今日は先に柚が占領、そこにグレースが「あ、わたしのベットなのに」と無理やりはいった感じ。
でも、べったりくっつきたくはないので、できるだけ距離を保った結果、はみだしてる模様です。(>_<)
ちょっと苦々しげなグレース。別にあんたの専用じゃないのよ。



柚とグレースの元里親さんのおうちには猫が沢山いて
その方がいっていたのですが、おとこのコ同士は気が合わないとケガするような大ゲンカし、気が合うとべったりべたべたの仲良し、つねにだっこしあって寝るくらいになるそうです。
それに比べて、おんなのコ同士はうまーく距離をたもつので、ケンカになっても小競り合い、ただし、べったり仲良しというのはないそうです。

うちのにゃんずをみていると、微妙な距離感で確かにそんな感じ。
でも、3匹になってから9ヶ月、最近、ちょっとだけくっついて寝てる姿を見ることができるようになりました。
以前は誰かが(大抵、織)間違ってくっつこうものなら、「このKYめ!」とすぐ猫パンチの応酬になってたのですが。
グレースのおしりに織が頭をのせてたり、3匹同士でおしりだけくっつけて寝てたり・・・

まあ寒いっていうのもあるのかもしれないのですが、
ようやく仮の宿ではなく、「ずっとこのメンバーで家族なんだ」と、3匹が思ってきたのかもな~とおもってます。
母としては嬉しい(=^ェ^=)
09 : 38 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬剪定&植え替え 覚書1
2008 / 02 / 02 ( Sat )
本日植付け 鉢まし分
*ヒナ草 白 → 小分けにして植付け
*ヒナ草 青 → ポット苗ごと、1株/1鉢に植え付け
*クリスマスローズ 白ダブル 10号鉢 
*クリスマスローズ ピンクセミダブル 8号鉢
*ミニバラ ラブリープリンセス 7号鉢
*ミニバラ デュエット・コルダナ 7号鉢

本日植え替え分(全てバラ)
*クラウディア 8号鉢から7号鉢へ 
黄金カズラと挿し木苗3本寄植え → クラウディア 1本、2本と黄金カズラに分け植え
根張り△
古根1/5ほどカット

*レッドモンテローザ・フォーエバー 8号鉢から7号鉢へ
挿し木苗3本植え → 1本ずつ3鉢に分け植え
根張り△
古根1/4ほどカット

*カボサンヴィト・フォーエバー 7号鉢から7号鉢へ
挿し木苗2本植え → 1本ずつ2鉢に分け植え
根張り△
古根1/4ほどカット

*パトリシア・コルダナ 7号鉢から7号鉢へ
根張り△
古根1/4ほどカット

*ラヴィングタッチ 7号鉢から8号鉢へ
根張り◎

*ラベンダーサンブレイズ 7.5号鉢から8号鉢へ
根張り△
古根1/3ほどカット

*ピュアヒット 7号鉢から7号鉢へ
根張り○

*モスコウ・フォーエバー(1本植え) 7号鉢から7号鉢へ
根張り○

*モスコウ・フォーエバー(2本植え) 7号鉢から7号鉢へ
挿し木苗2本植え → 1本ずつ2鉢に分け植え
根張り○

*リトルアーチスト 8号鉢から8号鉢へ
根張り△
古根1/3ほどカット

本日剪定分(全てバラ)
ミニバラ全部と、イヴピアッチェ、マチルダ、マルゴスシスター、オレンジマザーズデイ





22 : 30 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガラスのぶどう 完成
2008 / 02 / 02 ( Sat )
ガラス教室で、「ぶどう玉」をつくっている、と書きましたが
2回ほどまえから、ぶどう玉を卒業して「葉っぱ」をつくってました。

080130葉っぱ

↑葉っぱです。
最初にぶどう玉と同じ要領で玉にして、そのあとコテでぺったんこにつぶします。
つぶすと「おはじきにしんちゅう線がささってる」状態になるのですが
これをまた適度にあたため、半溶かしにして、熱いうちに一気に葉脈をいれます。

葉脈をいれる道具は、なんと「もんじゃ焼きのコテ」です。(=^ェ^=)
もたもたしていると、葉脈が3本しかはいらないうちに固まってしまうというはめに。
もう一度暖めると、せっかくいれた葉脈が消えちゃうし。

コテでつぶすときも、コテとガラスを押し付ける台と両方、右手で暖めた上
左手で、丸くつくったぶどう玉をずっと予熱してなくてはいけないという・・・
これがまたなかなか難しいです。右手ばかり気にしてると、せっかくつくった左手の玉が
どろーっとなってたりして。

そんなこんなで1回半、葉っぱをつくってました。
最後にはさみで切れ込みをいれる葉っぱを2つ、つくって終了。
暖め加減がなかなか難しく、はさみでなかなか切れない・・・
(しかし、切れ込みが結局できない人も、ままいるらしいので、できただけでまあよしとしましょう)

080130ぶどう

ぶどう玉と葉っぱで、ガラスのぶどうがやっと完成しましたぁ!
かわいい・・・でもネックレスとかだと着けなそうなので、携帯ストラップにしてみました。

今は次のカリキュラム「葉っぱのマドラー」に突入。
マドラーの軸のところの太い線引きを延々やってます。
どうもわたしはぶどう玉は得意だけど、線引きがニガテなよう。四苦八苦してます。

あー、早く軸を完成させて、先っぽにつける玉と葉っぱにいきた~い。
02 : 05 | クラフト | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。