スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
いろんな植物たちと、不思議なこぼれ種
2008 / 07 / 31 ( Thu )
暑い日が続く中、昨日、今日と風があって、比較的涼しいです。
かろうじてクーラーをかけずに、窓をあけてすごせるくらい。

暑いのはイヤだけど、クーラーをずっとかけていると、確実に体調が悪いので
風あって涼しいのは助かりますね。

                    * * *

おいしい実がなる樹などにもあこがれながら、
バラやミニバラ、その他花を観賞する植物にほとんどを占領されている「にわ」ですが
ハーブや野菜類も、ちょこっとだけ育てています。

080729野菜
ささやかな野菜コンテナ。 バジルとパセリ、青じそです。
パセリは葉っぱをこの間収穫してしまい、超小さいです。(左下)
このほかに、別鉢で山椒も育ててます。

バジルは大きな鉢に植えておくと、勝手に種をこぼしてどんどん株をふやしていくので、
とても強いし虫もほとんどつきません。
トマトソースの料理にすごく合います。 トマトスパとかピザトーストとか。

冬を越してこぼれ種から芽がでてこないか、と期待していたのですが
それはムリだったので、今年新しく買いなおしました。

青じそは2株ともこぼれ種です。(笑)
3年前に1株買い、そこから種がとんだようで
毎年、サクラウツギの鉢から何本かにょきにょきと出てきます。

今年は芽吹きが遅かったので、ついにダメだったか~と思っていたら、
6月ころになって、1本生えてきました。
いつもはサクラウツギの鉢に生えたまま、ほうっておくのですが、
別鉢に植え替えたくて、今回はそうっと抜いて見ました。
根っこが少し切れましたが、植え替えたら元気に大きくなってます。

もう1株は、なんと廃棄しようと思って袋につめておいた古土から、にょきにょきと生えてきました。
何か生えてきたな、と思ってはいたのですが、
大きくなってみると、どうみても葉っぱが青しそなので、びっくりしました。
いろんなとこから、いろんなものが生えてくるものですね・・・


080731バジルの花
今、バジルに花が咲いています。
他にあまり花が咲いていないので、ささやかな花でも目に新鮮。
ほうっておくと、種がついて、勝手に飛びます。




080729ポーチュラカ?
そして、こちらは、ミニバラのモカフェ・ローズの鉢から、
ある日突然、にょきにょき生えてきた植物。
葉っぱが多肉っぽく、なんか、ポーチュラカのような感じがするので、
そっとぬいて、別の鉢に植え替えてみました。

080729ポーチュラカ?2
つぼみっぽいものがあがってきました。

ポーチュラカは、「にわ」では一度も育てたことがありません。
一体どこからやってきたのやら。





080729アジュガ?
こちらも何かのこぼれ種と思われる植物。
春に購入したシルバーレースのビニポットから生えてきました。
元の主、シルバーレースは、購入したときからなんだか調子が悪く、
ついに枯れてしまったので、捨てようと思っていたら
なにやら生えてきたので、しばらく様子をみています。

どうも、葉っぱがアジュガに似ているような気がするのですが・・・





080601グリーンネックレス
こちらは春に購入したグリーンネックレス。
多肉植物なので、雨ざらしじゃないほうがいいであろう、ということで
室内においてあります。

写真は6月頭の様子で、現在では写真よりも長く伸びていたのですが、
このところ、窓越しの光でも強すぎる&暑すぎるのか
先端から黒くちりちりになってきたり、
つるごと根元から抜けたりして(つる、っていうのでしょうか?枝かな?)
ちょっと調子が悪そうでした。

つるを観察すると、途中から根っこが出ているところがあるので
何箇所かきって、別の鉢に植えてみることにしました。
伸びすぎて水遣りのときに邪魔だし、サマーカット ってことで。(笑)


080731グリーンネックレス
土の上に切ったつるを何本か乗せて、
根っこみたいなのは土に埋まるようにしてみました。
これでいいのか? 全然判りません。

とりあえず、雨ざらしの外でも育つかどうか、実験したいので
この鉢は半日陰の外においておくつもりです。
スポンサーサイト
12 : 20 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
クレマチスたちの様子
2008 / 07 / 28 ( Mon )
080727西の空

昨日の夕方の西の空です。
夜景モードにしなかったので、画像が悪くて、実際の色が伝わらないと思うのですが
空の上半分が暗く、下半分はどぎついローズピンクに染まっていました。

遠くのほうでしたが、雷がしばらくなっていて、雨も少し降りました。

北陸地方で大雨でかなりの被害がでたようですが、たぶんその雨雲の影響かも?

                     * * *

暑すぎて、「にわ」にはペチュニアとバーベナ以外、ほとんど何も咲いていませんが
クレマチスだけ、ちらほら、地味に咲いています。

080721バーシカラー
バーシカラー
壷型は暑いほうが調子よし、と教えてもらいましたが、
つるを伸ばしながら、続けてちょこちょこと咲いてくれています。
長く伸びたつるは1本だけなので、沢山咲いているとはいいがたいのですが・・・

その、開花を続けているつるも、先端に1つ、つぼみがついて開花し、
それ以上伸びなくなったようです。
つるの先端のつぼみは、開花が終わり次第、花がらを切ってはみたのですが
根元からつるを剪定したほうがいいのかしら?

もう1,2本、新しいつるが延びてきて欲しいものです。




080721ピッチャリ
もう1種類の壷、ピッチャリ。

バーシカラーと一緒に購入したときは、ほとんど同じくらいの大きさの苗だったのに
その後順調に伸びて開花したバーシカラーと違い
ちっともつるが延びず、全体がうどんこで粉化粧して、だんまりのまま。

おき場所が悪いのかとおもって、先日場所を代えてみましたが
そのあと、一番長くのびていたつるが、根元に近いところから
ぼっきり折れてしまいました。

他には伸びが止まった枝と葉っぱがついてない枯れ枝があるだけで、
芽がでてこないでこのまま枯れるのでは?と心配していましたが
やっと、芽がでてきました!

写真の白丸のところ、2箇所です。
2箇所とも、「こんな枯れた枝から芽がでてくるの」っていう場所から芽がでてきました。
もう少しのびたら、うどんこにおかされている古い伸びない枝は、切ってしまうつもりです。
このまま順調にのびていってくれればいいけど。



080721白万重
080721白万重2
一度満開を迎えた後、あっけなく立ち枯れした、白万重。

その後、つるをのばし、再度開花しました。
とは言え、夏のせいか、一度何十輪も咲いたあとのせいか、花はとても小さく4cmくらい。
花びらの色も、茶色がかっていて、きれいではありません。

2,3輪ひらいたところで、まだつぼみがありましたが、早々に剪定しました。
白万重は、去年購入したのですが、秋にも咲いたので
今養生しておけば、きっと秋にも咲いてくれるのでは?と期待。



そのほかには、白麗がそろそろ、また開花をはじめています。
花島も、もうしばらくすると、つぼみがあがってきそう。
インテグリフォリア系は、切り戻しておけば、何度も繰り返し咲きますね。
15 : 51 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
いろんな植物たち
2008 / 07 / 25 ( Fri )
夏だから当たり前とはいえ、毎日暑すぎます・・・
こんな季節には日中に外にでたくないものですが、
今週は日中外に出る用事が続いて、かなりへばっています。

昨日は、母と妹と一緒に、妹の婚礼衣装を見に行ってきました。
色打ちかけと、ウエディングドレス。
最近のウエディングドレスって、ほぼ90%がチューブトップなのですね。
いわゆる「肩だし」で、ストラップも何もついていないタイプです。
袖がついているタイプなど、1,2着しかありませんでした。

見に行ったドレスショップがそうなのかもしれませんが、そこはかなり大手だし、
最近の流行なのは間違いないようです。
妹はチューブトップじゃないのを探していたのですが、それだとほとんど選択肢がありません。
ちょっとびっくりしました。
婚礼衣装までも、露出度が高くなっているのですね・・・



今日はこれから、とんぼ玉教室に行ってきます。
この季節のとんぼ玉教室は、かなり大変です。(苦笑)
生徒さんが少ない日はいいのですが、5,6人いると、
作業中に顔から汗がしたたりおちるくらいの暑さ。
暑さのために、夏場だけ教室をお休みする人々もいるようです。

わたしはがんばって、行きますよ。 少しはやせるかもしれないし・・・


                           * * *

080718西洋オダマキ
またまた、西洋オダマキが返り咲きしました。
春に開花鉢を購入してから、これで、3回目?

西洋オダマキの花期を調べたら、品種により差がありますが、せいぜい4~6月なので
7月末に咲くとは、やっぱり少し変みたい。

品種名はわからないのですが、「オリガミ」という品種じゃないかと思っています。



今、「にわ」で咲いている植物たち。

080721ホワイトバニラ
八重のペチュニア 「ホワイトバニラ」
雨にはやっぱり弱いですが、株は元気に大きくなっています。
これだけ暑くても、花も変化がありません。
這性で枝が長く横にのびてくるので、ちょこちょこ切り戻ししています。


080721アリッサム
こちらも春先に開花鉢を購入したスイートアリッサム。
まだまだ、咲いています。
シーズン終わりに買った、と思っていたのですが、こんなに花期が長いとはびっくりです。
それほどこんもりと大株にはなりませんでしたが
枯れこんだところなどを、少しずつ切り戻してます。


080721ワイルドストロベリー3
ワイルドストロベリーです。

去年、2年越しの株を水切れで枯らしてしまい、惜しいことをしたと思っていたのですが
今年の春に、ワイルドストロベリーの足元においてあった
オーストラリアンブルーベルズの鉢から、小さい小さい芽がこぼれ種ででてきました。
こぼれ種ででてきた芽の4月5日の様子はこちら

別鉢にとりわけておいたものがこんなに大きくなって、
ようやく実がなりました。

080721ワイルドストロベリー

080721ワイルドストロベリー2

水切れさえしなければ、暑さには強いようです。
生でたべるのには、実はすっぱいらしいのですが(食べたことがないです・・・)
ジャムにするとおいしいらしいです。

でもジャムにするほど、いっぺんにはならないんです・・・
摘んだ実を冷凍して、ためておくといいらしいので、やってみようかなあ。
13 : 39 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
イヴ・ピアッチェ 2番花
2008 / 07 / 21 ( Mon )
なんだかはっきりしないまま、数日前にようやく関東も梅雨が明けたようです。
梅雨があけても明けなくても、あまり変わりはありませんが・・・

梅雨にはいるのが例年より大分早く、毎日雨ばかりだったけど、
後半はあんまり雨が降りませんでした。

そのせいか、黒点予防の消毒をしたい、したいと思って
にわか雨やら暑さやらで先延ばしにしていたのですが、
この1週間ほど、黒点がほとんど収まってきたようです。
病葉を全部むしっておいた&そのあと雨が降らなかったのがよかったのかもしれません。

やっぱり、てきめんに雨が黒点の原因ですね。

                      * * *

HT イヴ・ピアッチェ の2番花が咲きました。

イヴ・ピアッチェ080710
7月10日

イヴ・ピアッチェ080714
7月14日

いつの間にか、シュートの先に3つつぼみがつき、順番に開花しました。
暑いので、咲き進むのがかなり早いです。

1番花より大分小さく7,8cmくらいかな。
香りもほとんどありません。暑さでとんでしまったかな・・・
23 : 32 | HT イヴ・ピアッチェ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ピュアヒット
2008 / 07 / 17 ( Thu )
昨晩、NHK BSでハイビジョン特集
「喜びは創りだすもの~ターシャ・テューダー四季の庭」が再放送されていましたね。
最初15分くらい、みのがしてしまいましたが、
目を皿のようにして、最後まで楽しみました。
今日も20時から、ハイビジョン特集「ターシャからの贈りもの~魔法の時間のつくり方~」
が再放送されます。

20時というと、我が家ではまさに夕食の調理時間真っ只中なのですが(食事が遅いのです)
今日も早めに準備して、TVの前に陣取らなくちゃ。

                       * * *

バラ&ミニバラもほとんど摘蕾にはいって、咲いてもきれいな状態じゃないので
だんだんネタがなくなる季節です。(笑)

ピュアヒット080622
6月22日

ピュアヒット080701
ピュアヒット080701-2
7月1日
すでに大分前になっちゃいましたが、ピュアヒットが咲きました。

6月末に1回咲いて、それからちょっと間が開き、また7月にはいって咲きました。
っていうことは7月のは3番花なの?
黒点で葉っぱは丸はげに近い状態なのですが、その割には花はまともな感じ。





↓こちらが5月頭の1番花ですが、なんだか1番花より2番花のほうが花びらが多いみたい・・・

ピュアヒット080508
16 : 14 | Min ピュアヒット | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
クレマチス 剪定終了
2008 / 07 / 16 ( Wed )
秋の開花を期待するには、7/15までに剪定をするべし!という情報を、
ぎゅうちゃんからいただいたので、昨日、クレマチスたちを剪定してみました。

最近暑くて、日中「にわ」にでるのがおっくうでしたが
昨日は4時過ぎると意外と涼しく、久しぶりに2時間くらい、まとめて作業ができました。

立ち枯れをして、今ようやっと枝をのばしつつ、
2番花のつぼみをつけてきた白万重は剪定せず。
フロリダ・カシスも春に立ち枯れしたので、つるがまだ短いため、先端だけちょこっと切りました。

バーシカラーは1本だけ、とても元気で花をつけているつるがあるので、
それだけ残して残りのうどんこまみれな枝はカット。

白麗と花島も、先端につぼみがある部分だけ残して、
1番花後剪定で脇芽がでた、さらに2節上をカット。
観察すると、切ったところより下の葉っぱの付け根からも、芽がでてきています。
あと、花島は地面から新しい花軸が立ち上がるようで、芽らしきものがみつかりました。
こんな暑いさなかに、根元からも芽がでるんですね・・・

パテンス系のブルーライトと、ベル・オヴ・ウォーキングは、
伸びすぎて一体どこから切ればいいのか、よくわかりませんでしたが、
つるを調べて、きったら脇芽が出そうな部分で、若干控えめにカットしました。
これでいいのかしら? よくわかりません。(笑)

これまでの伸び方をみると、秋までにまたつるがどんどこ伸びて
涼しくなる前につぼみがつきそうな予感もするのですが・・・




ミニバラのナポリ・フォーエバーが2番花のつぼみを沢山つけていたのですが
1週間以上たっても、これ以上開く様子がほとんどないので、すべてカットしました。
剪定してつんだクレマチスの花とコラボしてもらいました♪

080716ナポリバーシカラー

ナポリ&バーシカラー


080716ナポリベルオヴウォーキング

080716ナポリベルオヴウォーキング3

080716ナポリベルオヴウォーキング4

080716ナポリベルオヴウォーキング6

ナポリ&ベル・オヴ・ウォーキング
11 : 10 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
モコモコ 2番花
2008 / 07 / 16 ( Wed )
最近、「3分クッキング」にはまっています。
取り上げられているお料理は、自宅でつくったら3分では絶対できないけど
(放送時間自体 3分じゃないけど 笑)
比較的シンプルなつくりやすいお料理なので、おいしそうだったら作ってみるのです。

料理は特別得意ではないけど、おいしいもの好きなので
手間をかけずに、じゃじゃっと手早く作るのは、結構好きです。

最近のヒットは、「自己流冷たいパスタ(トマトといんげん入り 藻塩&えごま油 風味)」と、3分クッキングメニューの「えびと鳥の揚げダンゴ」です♪

                      * * *

ミニバラ モコモコ の2番花です。

モコモコ080705

7月5日
1番花はある程度花数がまとまって咲きましたが、
2番花は、1,2輪ずつちらほらと、2週間くらいにわたって咲いていました。

花の大きさや花びらの数は減っていませんが、花数は減ってますね。

葉っぱは現在、黒点と、ハダニが少しでています。
早く直さないと丸坊主になってしまう・・・





1番花は、1本だけ、強烈なシュートがでて
長さはあまり伸びませんでしたが、先端にびっくりするくらいの数のつぼみが房でつきました。
モコモコがこれほど房になるのは、初めてのことです。

そのシュートの房はなかなか開かず、他の部分の開花がおわってから、
じっくりと開きだしました。 全部開くのに2週間近く、かかりました。

シュートの先の房部分、 開花の様子です。
モコモコ080601

6月1日
半分くらい開花。

モコモコ080607

6月7日
ようやく、全部開花。 最初に開きだした花は、もう散ってしまっています。
10 : 52 | Min モコモコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
チュチュ・オプティマ 2番花
2008 / 07 / 14 ( Mon )
チュチュ・O080707

7月7日

これでチュチュの2番花は、ほぼ最終です。
・・・というか、ほうっておくと次々とつぼみがあがってきますが、もう摘蕾します。

ずっとちらほらと継続的に咲いていましたが、雨とスリップスで
しみだらけで、汚い汚い・・・
ようやっと、比較的まともな花が咲きました。

葉っぱは黒点だらけです。
強健な品種ですが、黒点には弱いみたいですね。
薬剤散布しても、一番最初に黒点が再発生する部類です。
草丈が低いせいかもしれません。(現在20cmくらい)




1番花で未UPの写真もついでにUPします。

チュチュ・O080601

チュチュ・O080601-2

チュチュ・O080601-3

20 : 36 | Min チュチュ・オプティマ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ダブルでAmazing!
2008 / 07 / 14 ( Mon )
今日はダブルで、Amazing!
柚&グレース


柚&グレース

新チームを結成しました。 チーム名は「グリーンアイズ」。




この写真を撮る前は、柚も完全におなか丸出しで天井向いていたのですが
カメラをとりに行っている間に、横向きになってしまいました。残念。

織は絶対、おへそを上に向けて寝ない&暑がりで他の猫とほとんどくっつかない ので、トリプルはムリだろうなあ・・・

グレースも柚も目は緑ですが、グレースが青みがかった緑色、柚は黄緑色です。
20 : 30 | Dog&Cat | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブルーフォーユー
2008 / 07 / 12 ( Sat )
5月16日に国際バラとガーデニングショーから新苗でお連れした、
FLのブルーフォーユー。
本当は秋まで、摘蕾するべきなのですが、咲いてもらいました。

FLはもともと花つきがいい系統に決まってますが
ブルーフォーユーも常に房咲きになるタイプなようです。

ブルーフォーユー080710

7月10日
前回の開花のときは、つぼみがこうなってからあっという間に全開、だったので
たぶん翌日には開くだろうと予測。

ブルーフォーユー080711

ブルーフォーユー080711-2

ブルーフォーユー080712

7月11日、12日
やはり、1日ですっかり開きました。
枝先に3つ、つぼみがついていますが、真ん中の天花が開花。
花の大きさは5cmくらいです。香りはほとんどありません。夏だからね~

本来は弁底は白のはずですが、白の部分は今回もうっすらと淡くピンクがかってます。
日があたると、これはこうなってしまうのかも。

前回の開花のとき、かなりイメージと違う咲き方をしたので、ちょっとがっかりだったのですが
今回はすこしヒラヒラがでて、なんだかかわいくなったと思います。

色も不思議ですね~ かすり模様のような・・・
単純の紫ではなく、青みが含まったような色。




新苗は最初、ほぼ1本がまっすぐにのびている状態でしたが、すぐ剪定をほどこしました。
下から5枚葉2枚のこして、ぱっつりとカット。
(「追記」 5枚葉3枚のこしてカット が 本当のセオリーですが、うちの場合、3枚目だと枝の向きがよくなかったので2枚にしました)

こうすると、側枝がでて、こんもり木立状になるんだそうです。
ベイサルシュートもでやすくなるんですって。

最初の状態は、こちら。5月17日です。

ブルーフォーユー080619

6月19日
剪定をしてほぼ1ヶ月後。
中央の白丸が、5月17日に主幹をぱっつり切ったあとです。
オレンジの矢印をしてある枝2本が、脇芽として伸びてきています。

白の矢印1本は、最初から苗にあった脇枝。

新苗を買うときに、脇枝がなくて完全に1本杉のものもあったのですが、
迷って脇枝がでているほうを選んできました。
細い芽だったら、栄養が分割しそうで避けたと思うのですが、結構太目の枝だったので
枝数を増やしたいFLだし、ベイサルシュートみたいなものかな~と思って。

本当はどちらがいいんでしょうね?
HTとかだったら脇芽がないほうがよさそうな気がします。




ブルーフォーユー080711-3

7月11日
さらに1ヵ月後。大分枝がのびました。現時点で樹高50cmくらい。
3本の枝の先っぽにそれぞれ3,4輪ずつ、つぼみがつきましたが
2本の枝の先端はつぼみをとって、ピンチしました。

本当は全部つぼみを摘むべきなのはわかっていますが、
実はあんまり大きくなられると、おき場所が厳しいのです・・・
というわけで、コンパクトなほうがありがたいし、
花もみれるしちょっとだけ咲いてもらいました。
15 : 39 | FL ブルーフォーユー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
試験品種(淡) 2番花
2008 / 07 / 12 ( Sat )
この2日ほど、比較的涼しかったのですが(蒸しましたけど)、今日は強烈に暑いです。

一昨日の夜、グレースをお風呂に入れました。
たぶん、彼女の猫生史上、1回目か2回目のお風呂じゃないかと思われます。
うちに来てからは、初お風呂。

にゃんこは自分でグルーミングするので、わんこと違って毛がにおわないので
いつもはふき取るタイプのもので全身をたまにふいてあげるだけなのですが
夏場はちょっと油っぽい感じで、抜け毛がかなりひどいので
洗ってすっきりさせてあげようと入浴にトライ。

グレースは多頭飼育崩壊現場からのレスキュー・キャットだそうなので
保護されたとき、洗われたことがあるかもしれません。
でも、大人になってからの保護、らしいので、洗わないかな?
捕獲されておびえきって興奮している大人猫は、お風呂なんか入れられないですよね。(苦笑)
猫は相当汚れてても、自分でなめてきれいにしちゃうみたいですから。

最初、尻尾をたぬきのように太くしておびえた上、「にょー!(NO~!)」って言ってましたが
すすぎにはいるころには、意外とおとなしく洗われていました。
お風呂あがり後は、気持ちよかったようで、機嫌よくいつもよりももっとスリスリ。
毛はつるつるになりました。

次は柚を洗わなくっちゃ。
どんな反応をしめすかな。一番がんこだし、意外とくせものかもしれません。

織は何回も洗ったことがありますが、好きではないけど極端にはいやがりません。

                       * * *

セントラル試験品種淡080624

セントラル試験品種淡080624-2

6月24日

セントラル試験品種淡080701

7月1日

少し前の写真ですが、
セントラルローズさんの試験品種 色が淡いほう の2番花です。
何度見ても、フィグリアに見える・・・

今も1,2輪咲いていますが、葉っぱが黒点で落ちてしまって、とてもお見せできません。
試験品種 色が濃いほうも以下同文。

黒点治療薬を散布しなくてはいけないのですが、あまりに暑くてげんなりです。
14 : 57 | Min 名前不明淡ピンク(セントラルローズ) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ローズ・マリー 2番花
2008 / 07 / 10 ( Thu )
ER ローズ・マリー 2番花です。

ローズマリー080709

ローズマリー080709-2

ローズマリー080709-3


1番花も花が小さかったですが、2番花はまるでミニバラそのものです。
つぼみだけは結構あげてきましたが、早々にすべて切り落としました。
1番花のときにシュートが長くのびすぎたのが原因なんでしょうね、きっと。
1番花終了後、施肥もして、枝も大分切り込んだのですが。

花の大きさ3.5cmから4cm。 (苦笑)
香りはまあまあありますが、相変わらず花持ちが悪すぎます。
暑さもあいまって、1日しか持ちません。

カタログにこの春の花持ちの悪さが書いてあったら、絶対買わなかったと思うなあ。
この性質は明記しておくべきでしょう。
でも秋冬はいいんですよね。それで救われています。


ミニバラ仕様なので、ひとまわり小さくなったビオラと一緒に活けてみました。(笑)
スリップス被害で少し傷んでいます。
15 : 09 | ER ローズ・マリー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ブルーライト&ベル・オヴ・ウォーキング 2番花開花 ほか
2008 / 07 / 10 ( Thu )
パテンス系 ブルーライト の2番花が開花しました。

080708ブルーライト

7月8日

1番花の花期はとても長く、4月20日から、6月半ばまでずっと咲いていました。
剪定後、古枝のあちこちから新しい枝があがってきて、その先に沢山つぼみをもっています。

が、やはり、1番花は相当がんばって咲いていたので、パワー不足なよう。
暑さのせいもあるかもしれないですが・・・
それでも1番花の一番終わりごろの花よりは、少し大きい。 7.5cmくらいはあります。
そして一応八重で咲いています。

つぼみが沢山あがってきているのですが、花期は5月~10月となっているので
少し制限したほうが秋に咲くかもしれません。
去年は制限するほど花数がなく、秋にも咲かなかったので、初めての体験です。

同じトレリスに誘引している、立ち枯れから復活中の白万重も、
つるが大分のびて、またつぼみを持ち出しました。





パテンス系またはフロリダ系 ベル・オヴ・ウォーキングも2番花開花。

080708ベルオヴウォーキング

080708ベルオヴウォーキング2

7月8日
つぼみがかなり大きくなってきました。 うっすらと色がついています。
花びらと葉っぱが一体化してますね。
もうちょっと、開花まで時間がかかるとおもっていましたが


080709ベルオヴウォーキング

080709ベルオヴウォーキング2

080709ベルオヴウォーキング3

7月9日
翌日にはもう、開いていました。
花の大きさ6cmくらいと小さく、残念ながら、花びらもかなり少ないです。
でも、なんか別の花みたいで、おもしろいですね。


080710ベルオヴウォーキング2

080710ベルオヴウォーキング

今日の様子。
色がもう少し抜けて白っぽくなっています。


080709ベルオヴウォーキング4

ベル・オヴ・ウォーキングの全体像 右半分。
写真の右側の黒い鉢に植わっています。
つるは、購入時は白矢印あたりから誘引スタートし、
オレンジの○の部分で今回の花が開花。(現状のつるの一番先っぽあたりです)
てすりの上にからませた、カラス対策のテグスに誘引しているので
まるでつるが空中を舞うがごとく、です。(笑)


080709ベルオヴウォーキング5

左半分
こちらも白矢印あたりから誘引スタート、現在はオレンジ矢印のところまで伸びています。
根元からだと、右、左ともに大体3mくらい伸びているでしょうか。


つぼみは一杯あがってきていますが、ブルーライトと同じで制限したほうがいいのかな。
ミニバラ&バラと同じでいいのか。
クレマチスの摘蕾というのはあまり聞かないので、どうすればいいか調べなくちゃ。
花期はブルーライトとほぼ同じようです。





080709バーシカラー

080710バーシカラー

9日、10日
バーシカラー つぼみがどんどんあがってきています。
14 : 17 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
パット・オースチン 2番花
2008 / 07 / 09 ( Wed )
ER パット・オースチン の2番花が咲きました。

パット・オースチン080705-2

7月5日

パット・オースチン080707

パット・オースチン080707-2

7月7日

パット・オースチン080708

7月8日

大きさは結構、元のままを保って7、8cmくらいあるのですが、花形がもう夏仕様です。

色も淡めで優しい感じですが、開くのがとてつもなく早いです。
前日まだつぼみだな、とおもっていると翌日には全開。
そして2日持てばいいほう、持ちもかなり悪いです

香りは不思議なことに、1番花より、強いみたい。
でも、わたしはあんまりこの系統の香りは好みじゃありませんが。
強いティー香 とありますが、なんだか癖のある香りなんです。
ティーってこんな香りかなあ? それに強香ともいえないんですけど・・・
秋苗でうちにきてまだ1年たってないから、本来の香りになってないのかなあ?

春のシュートの仕立てに失敗して、長い枝があちこちに暴れまくり
花後にかなり強く切り戻しをいれたので、2番花が遅くなったと思われます。
今は大体ほうき状の樹形で、春よりはコンパクトにまとまっています。

でも、この品種はかなり細い枝にもつぼみがつくので
しなだれる、あるいは横に枝が倒れるのはしょうがないようです。



5月半ばの一番花です。 花の形・色が随分違います。
パット・オースチン080519
16 : 40 | ER パット・オースチン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
マーブルローズ 2番花
2008 / 07 / 09 ( Wed )
突然ですが
七夕

↑ これは何という名前か、みなさん、ご存知ですか?
(もしかして、知らないのはわたしだけ?)

七夕の日に、相棒と外をうろちょろしていたら
外国の若い女性2人に、英語で道を聞かれました。

聞かれたお店の場所はすぐわかった&すぐ近くだったのですが
たしかそこは数ヶ月前から、大々的に工事中のはず。
営業しているかどうかわからなかったので、
その場所まで案内しました。
無事営業してたのでよかったのですが、そのお店の前の通りに
七夕の装飾が沢山ぶらさがっていました。

そこで、「これは何というのですか?」と聞かれて、「うむむ・・・」となったのです。

2人で考えた末、「七夕飾りです。七夕とは7月の7日のイベントです」と答え
(答えたのは相棒ですが) 「Oh!TANABATA-KAZARI!」となったのですが、
50%くらい「本当に?」という感じだったので、家に戻ってから調べてみました。

その結果、間違ってもいないけど、合ってもいない、という結果に・・・
あのときのお2人へ、ごめんなさい、半分ガセネタでした。

答えは記事の最後に。期待しないで~ (笑)

                   * * *

ミニバラ マーブルローズの2番花です。
マーブルローズ080705

黒点にもうどんこにも結構かかっていますが、花は全く影響ないみたいです。
暑さも全く関係なさそう。
小さくもならないし、もともと咲き進むのがかなり早いタイプなので咲き方も春と同じです。

花びらが少ないので、すぐ開いてしまうし
紫外線変色も結構ある品種なのですが
竹串くらいの小さい挿し木苗から、ずっと枯れそうかも、と見守ってきて
ようやく房で咲くまでになったので、愛着のある品種です。

一重でもないし、形も整っていないけど、なんとなくかわいらしさもあります。

1番花がまとめて咲いた後も、ちらほらと断続的に咲いていました。




1番花でUPしていない写真をついでに。
マーブルローズ080523

マーブルローズ080523-2



↑の物体、答えは「吹流し(ふきながし)」だそうです。5月の節句のと同じなのね・・・
この丸い形のは「くす玉」とも呼ぶようです(そのまんま・・・)。

「七夕飾り」だと、短冊とか投げ網とか、灯篭とかも含めて、すべての飾りの総称みたいです。

ふう・・・ひとつ、勉強しました。(汗)
外国の方に質問をうけても、日本の文化について、うまく説明できないことが結構多いので、考えさせられちゃいます。
お盆の意味とか、何故野菜で動物をつくるのかとか、ひな祭りの意味とか、
簡単に答えられないですよね・・・
せめて、ガセにならないくらい、簡単に説明できるくらいになりたいものです。
16 : 26 | Min マーブルローズ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
いろんな植物
2008 / 07 / 08 ( Tue )
080703リリカシャワー

080703リリカシャワー2

6月16日に開花をはじめた
小輪ペチュニアの リリカシャワーがほぼ満開になりました。
この色はなにかと派手な色の多い我が家では、ソフトでなかなかかわいらしいです。




パンジー

パンジー
5月頭に徒長したものを切り戻ししておいたのですが、
そろそろまた切り戻さないといけなくなっています。
2番花は3.5cmくらいで、4.5cmくらいあった1番花に比べると花が小さいです。
この色はかなり派手なので、小さくなったほうがかわいいな。




080619ブルーサルビア白

ブルーサルビア 白花
080619ピンクパフェ

バーベナ ピンクパフェ

この2種は同じバスケットに寄植えしてますが、両方とも生育旺盛です。
ブルーサルビアは咲き終わった花軸を切り戻すと、つぎつぎ花があがってきます。
白花なのに「ブルーサルビア」ってなんだかおかしいですね。

ピンクパフェはべろんとだらしなくなりやすいバーベナの中では
草姿がまとまりやすく、育てやすいです。
以前、花がそっくりの「花手毬」というバーベナを育てたことがありますが
そちらはすぐ枯れてしまいました。 似ているようでも性質が違うみたい。




080619オーストラリアンブルーベルズピーチベルズ

オーストラリアン ブルーベルズ&ピーチベルズ

同じ鉢に寄植えにしています。
どんどん縦にのびていくので、大変なことになっています。
枝先をぱつぱつ切ってますが、切らないでいたらどこまでも伸びると思います。

080619オーストラリアンピーチベルズ

ピーチベルズ

080619オーストラリアンブルーベルズ

080619オーストラリアンブルーベルズ2

ブルーベルズ

今年は5月24日に開花をはじめましたが、まだ旺盛に咲いています。
結構、花期が長いですね。

株がかなり大きくなったので、花数は随分増えました。
1cmくらいの小さい花なので、あんまり目立たないのですが
ブルーベルズの青は、なかなかないくらいに本当に真っ青で
青花が好きなわたしのお気に入りです。
13 : 28 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
マチルダ 2番花
2008 / 07 / 08 ( Tue )
FL マチルダの2番花です。

マチルダ080705

7月5日

といっても、2番花自体は6月半ばからずっと咲いていて、
もう花が大分小さく、4cmくらいになってしまったので、今日つぼみをすべて落としました。

スリップスと雨のせいで、せっかく花が咲いても茶色く傷んで
ちっともきれいじゃなかったのでなかなかUPできませんでした。

しかも暑いので、前の日つぼみでも次の日は、すでに全開して平らになってます。
咲き始めがきれいなのに、撮影不可能。(笑)

去年はそれほどじゃなかったと思うのですが、今年はスリップス被害が大きく
チュチュ、ディパーチャー、アンティーケ、ピュアヒット、マチルダなど
色の淡い花の2番花はほんとに汚いです。
スリップスに効くというニームオイルをためしてみようかと思うのですが
本当に効くのかな?(効かないという話も目にしたので・・・)

ところで、なんだかおもしろいのですが、
我が家ではこのマチルダは、ハキリバチにとっても好かれています。
ほかにも大きなバラは沢山あるのに、ほかの品種の葉っぱはお好きではないようで
もっぱらマチルダばかり、葉っぱをまあるく、切り取ってお持ち帰りに。
マチルダの葉っぱは直径1cm強の水玉のきり抜き模様で一杯。
あまりにもまん丸なので、いっそ芸術的で感心します。

以前、仕事場にマチルダをおいていたときも、
やっぱり、ハキリバチに好かれて切り抜かれてました。
そのときは、大バラはほかになくて、まわりはミニバラだけだったので、
葉っぱが大きいものから持っていくのかな?と思っていたのですが
場所を移しても同じなので、どうやら、マチルダがお好きなようです。





随分前の写真ですが、1番花でUPできなかった写真もついでに。

マチルダ080509-2

マチルダ080509-3

マチルダ080510

マチルダ080519

マチルダ080519-2


13 : 12 | FL マチルダ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新入りさん と 今日の壷
2008 / 07 / 07 ( Mon )
玄関脇の寄植えから、ホスタのみ、盗難にあう事件からほぼ3週間。
新入りクレマチスが我が家にやってきました。
盗難事件があまりに頭にきて、つい、注文してしまったクレマチスたちです。(笑)

注文したのは、コ○リさんの通販ですが、ク○マコーポレーションさんから直接届きました。
遅咲き品種なので、もしかして花がついているかな~と淡い期待がありましたが
花、つぼみはついてませんでした。
初めての一重品種です。(気づけば、壷とインテ以外、全部八重でした・・・)

080707テンテル

080707テンテル2

ビチセラ系 テンテル
花びらの縁にふりふりのフリルがはいっているのと、浴衣の兵児帯のような
淡い透明感があるピンク&白に惹かれました。

しっかりした枝、3本立ち。葉っぱがあちこち枯れかけてるのが少し心配だけど
新しいつるは元気そうなので、大丈夫でしょう。



080707雪小町

080707雪小町2

ジャックマニー系 雪小町
最初、候補にははいっていなかったのですが、
多花性で、白ベースで縁にほんのり淡い紫がはいって涼しげな感じが気にいって選びました。

枝は2本立ち。こちらは葉っぱもきれいで元気一杯。


2種類とも、遅咲きで大輪種すぎないことを、基本条件として選びました。
今まで我が家にある品種たちは、壷とインテグリフォリア系をのぞくと、みんな早咲きなので、
花期がずれる品種がほしかったので。

これでうまくいけば、カルトマニージョーから始まって、
3月から秋まで、リレー状態で咲き続けるんじゃないかと思っているのですが
どうなるでしょうか。来年が楽しみです。



今日の壷ちゃんです。

080707バーシカラー

080707バーシカラー2

080707バーシカラー3

バーシカラーは、下葉が黄変して、軽くうどんこになっているにもかかわらず
つるをどんどん伸ばして、つぼみをころころつけて咲いています。

原種のピッチャリは、やっとつぼみかも?というような1mmくらいの粒ができてきたのに
先日、枝が根元20cmくらいのところから、ぼっきり折れてしまってました・・・
折れたつる以外の枝は、剪定したところからちっとも脇芽がのびず、
のびがとまってしまっていて、葉っぱもほとんどありません。
わずかについている葉っぱもうどんこがひどいので、風通しがよいところに移動させました。
とても心配です。 枯れなければいいけど。
14 : 51 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ナポリ・フォーエバー 2番花
2008 / 07 / 07 ( Mon )
今日は七夕ですね。 しかしあいにく天気が悪いです。
ここのところずっと快晴だったのですが。

我が家では七夕=「織が我が家にやってきた」記念日です。

2年前の今日、道でうろうろと鳴いていた風邪っぴきでがりがりだった子猫。
体重900gだったのに、見事なおでぶちんに変身しました。(たぶん6kg弱あるかと・・・)
これ以上、増えちゃだめだから、がんばってやせようね。

                   * * *

少し前の写真ですが、ミニバラ ナポリ・フォーエバー の2番花です。

ナポリ・F080618

6月18日

ナポリ・F080620

6月20日

ナポリ・F080622

ナポリ・F080622-2

6月22日

ナポリ・F080623

6月23日

1番花はびっくりするような、渋赤とパンプキンイエローの
まるで秋花のような色で咲きましたが
今回は気温のせいか、1番花よりもやわらかめの色合いです。

でも、去年までの色のりに比べると、かなり不思議色をよく発色してくれていますね。

花数は減りましたが、花の大きさは6cm、花びらの数も減らず立派な咲きっぷりです。
今は2番花は終わりましたが、すでにもうかなり大きなつぼみが時間差であがってきました。
株が元気そうなので、咲いてもらおうと思います。

黒点には少しかかってますが、下葉だけで株全体には蔓延しないので
黒点には比較的強いみたいです。

14 : 20 | Min ナポリ・フォーエバー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
その後の壷 そして 白麗 満開 
2008 / 07 / 05 ( Sat )
先日、初開花を迎えた ヴィオルナ系 バーシカラー のその後。

080701バーシカラー

7月1日
開花からしばらくたって、渋いグリーンだった口のところは、純白になりました。
開花仕立ての様子はこちら
ボディーのピンク色は、そんなに変化なし。少しだけ、淡くなったかな。

花びらの先端が上により巻き上がってきています。

この花は3日には散ってしまったので、大体1週間弱の持ちですね。
現在は他の花が4つほど、咲いています。
色は相変わらず、濃いめのピンク&淡いグリーン。



080703白麗

080703白麗2

080703白麗3

7月3日


080707白麗

7月5日

同じような写真ですが、うれしくてUP。
3日の時点でもう満開かな、と思っていたのですが今朝みたらさらに花数が増えていました。
天花はすでにもう散っているので、それは花がらだけ摘む方法で剪定してみました。
もっとつぼみがあがってくるかな?

茎は横に倒れてしまっているのですが、花数は去年とは比べ物にならないくらい多くて豪華です。
茎の太さも、去年の2倍くらい太くなりました。(それでも倒れてますが・・・)

去年購入したときは、軸は1本で
今年春の芽吹きの際、軸が4本に増えています。
現在は4本の軸から脇芽をださせている状態になっています。




今日、楽しみに待っていた新入りクレマチス 2種が、我が家にやってきました。
そちらはまた別記事で、明日でもUPしようと思います。
13 : 51 | クレマチス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ジュビリー・セレブレーション 2番花
2008 / 07 / 05 ( Sat )
今日も暑いですね・・・
昨日の真夏日に続き、あまりの暑さに3にゃんは床にごろごろころがっているので
特に暑がりの織がかわいそうで、ついに今日、初冷房をいれました。
ついに、本格的な夏到来ですね。

                    * * *

ER ジュビリー・セレブレーション 2番花です。

ジュビリー・セレブレーション080619-2

ジュビリー・セレブレーション080619-3

6月19日
1番花終了後、伸びすぎた枝を強めにカット。
すると根元からまたしても新しいベイサルシュートが2本あがってきました。
株が2年目でまた若いからかもしれないけど、
ERはほんとに次々シュートがあがってくるのでびっくりです。
ミニバラより、よっぽど多いな。

写真上は、新しくあがってきたシュートの先っぽ。 
2番花なのに、つぼみが房房です。 12,3個ついている天花が咲き始めました。

シュート以外の場所にもいくつか咲き始めました。(写真下)




ジュビリー・セレブレーション080624-2

6月24日

ジュビリー・セレブレーション080703

ジュビリー・セレブレーション080703-3

ジュビリー・セレブレーション080703-4

ジュビリー・セレブレーション080703-7

ジュビリー・セレブレーション080703-8

7月3日
シュートの先のつぼみがつぎつぎに開花。 花束状態になっています。
暑さ&雨が降るとすぐ散ってしまい、2日くらいしか持ちません。
でも1番花と比べても、あまり遜色ない咲きっぷりです。
花の大きさ8cmくらい。

今日最後の花が散って、2番花は終了。 
1番花は随分楽しめたのですが、あっというまに終わりです。
夏ソウビ ははかないなあ・・・

たぶん、またつぼみがあがってくると思いますが、もう秋まで摘蕾しようと思います。
12 : 34 | ER ジュビリー・セレブレーション | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ネジバナ 開花 ほか
2008 / 07 / 04 ( Fri )
しばらくご無沙汰してました。
唐突に急ぎの仕事がはいり、ばたばたしてたので、「にわ」にも出る暇がなく
ネットもみれませんでした・・・

「にわ」にでていない間に、またぞろ黒点が結構ひろがっていて、そろそろ消毒せねば。
昨日、病葉の処理や花がらきりなどをひさしぶりに一気にやりましたが
まだ半分くらいしか終わってません。
この時期、数日目を離すと、大変ですね。

                     * * *

ネジバナが開花しました。
山野草ショップなどでも売られていますが、雑草扱いもされてたりしますね・・・

うちのネジバナも、実家でぬき去られようとしていたのを救出したもので
栽培は2年を越えました。
ネジバナだけを単独栽培すると、うまく育たない、という記述を
どこかのサイトでみたのですが、我が家では今のところ、順調に育っています。

080619ネジバナ3

080619ネジバナ2

6月19日
花穂があがってきました。 麦みたいです。
この時点で背丈25cmくらいで、ちょうどいい感じだったのですが


080623ネジバナ

6月23日
開花をはじめました。 19日の時点から花穂だけぐんぐん伸びだし
一番背丈が高いものは40cmくらいまでなってしまいました。
ちょっと大きすぎてかわいくないです・・・

写真に写っている部分は背丈は低い株で、同じ鉢に、7,8株植わっています。

最初にもらってきたのは2株で、そのあと、我が家でもどこからきたのか
バラの鉢に唐突に生えてきたりしたものを1,2個、足したので、
若干地下茎で増えているみたい。


080628ネジバナ2

080628ネジバナ3

6月28日
花は下から順番に咲きあがっていきます。
1株だけ、白っぽい花が咲きました。(写真下)

これは去年なかったものなので、あとから足した株かな。
ネジバナには白花もある、と聞いてきたのですが、これがそうなのかも。


080701ネジバナ

7月1日
ほぼ満開。


080703ネジバナ

080703ネジバナ2

7月3日
昨日、みていてきづいたのですが
花のらせんが右巻きのものが多い中で、左巻きの花軸が2つありました!
上の写真で左側が右巻き、右側が左巻きです。
下の写真も左巻き。

人間の左ききみたいなものなんでしょうか? おもしろいな。


[追記] ネジバナについて 調べたところ、以下の記述がありました。
庭園の芝生などに普通に見られ、
サツキや他種の山野草を植えた鉢に落ちた種子から
発芽した株が非常に強健に育つにもかかわらず、
ネジバナ単独で鉢植え栽培をしようとすると、栽培がかなり難しい場合がある。

小さいながらもランの一種で、ラセン状に並んだ小さな花は下から上へ咲き登り、
「頂上に達する頃に梅雨があける」と言われています。


more...
13 : 24 | その他の植物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。