スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
がけっぷち犬
2007 / 02 / 17 ( Sat )
がけっぷちから救出された「がけっぷち犬」の里親募集の様子を2週間くらい前だったか、TVでみました。

全国から集まってきた里親希望の多くの人たちから抽選(そもそも抽選できめるべきなの?と思う)当たった方が里親さんとなっていましたが、そのとき一緒に里親募集されていた「がけっぷち犬」の姉妹犬は、そっくりのみかけなのに、ついに里親希望の人はあらわれなかったそうです。

「がけっぷち犬」の姉妹犬は、がけの近くをうろうろしていて一緒に保護されたそうでした。
2匹の違いは、がけにとりのこされて救出されたかどうか、だけ。

それをみてなんともせつなくなりました。
犬が好きで、犬を飼おうとおもって全国から集まった人たちのはずなのに、全員が全員、「がけっぷち犬」だから欲しいんですね・・・
お子さん連れの家族もいて、抽選にもれて泣いている子供さんもいました。でも姉妹犬はもらっていかないんですね。

「がけっぷち犬」とその姉妹犬を、救出されてから何ヶ月か面倒をみていた女性の方(獣医師さんかも)の悲しそうな表情が印象的でした。

でも、今日またTVをみていたら、そのTVをみて姉妹犬に里親が現れなかったことを知った方から、里親希望の方があらわれ、無事里親さんがみつかったそうです。
TV放送をみて、「姉妹犬にだけ里親希望がないなんておかしい」とおもったから、応募されたそうです。

よかったですね。
スポンサーサイト
13 : 06 | 日々あれこれ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ミニバラ 2006年 | ホーム | 浮上中>>
コメント
*  *

えっ!里親さん見つかったのですか?
よかった~~

テレビで見ていて なんとも釈然としない思いでいたんです。
この差はなんなの?って・・・
抽選に漏れた方が なぜこっちの方には目もくれなかったのかと・・・
そそ!抽選というのもなんか変!
面接してほしかったですよね。

でもよかったです。
by: pole pole * 2007/02/17 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

やっぱりみんな気になっていたんですね。
里親さん見つかってよかった!

それにしても、なんで「崖っぷち犬」にそんなに応募が殺到するのか、私には理解できません。
だけど、世の中って、きっとそういうものなんでしょうね・・・。
付加価値がついちゃった、有名な犬だもんね。

どちらの犬も、幸せに暮らして欲しいね!
by: 銀 * 2007/02/20 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

polepoleさん

ほんと、釈然としませんよね・・・
なんで抽選なのか? 抽選する前に事前審査とかあるんですかね?
だったらまだいいんだけどなあ・・・
ただでさえ、「有名犬」「助かってご利益がありそう」って観点で、犬がさほど好きじゃない人まで集まってきそうなのに。

だけど、きっとお役所主導でやったんでしょうから、そうなると誰が面接してどういう基準で決めるのか?とかいうことになり、結局「公平に」するために抽選、ってことになるんでしょうね?? う~ん、もやもやしますね~
by: 華 * 2007/02/21 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

銀さん
おひさしぶりです!
ほんとにねえ・・・だって人慣れもしてなかったみたいだし、大変だとおもうんですよ、里親になるのは。根気よく、警戒心がとけるようにケアしていかないといけないですしね。
そして、そんなにほしかった犬の姉妹犬をだれ1人ほしがらないのが、なお不思議。

「がけっぷち犬」、10年くらいたって誰一人、事件について覚えてなくなっても、幸せでかわいがってもらえるといいな、と思っちゃいます。
by: 華 * 2007/02/21 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
* 一つの命 *

こんにちは~。
姉妹犬の飼い主が決まって良かったですね。ホッとしました。
崖っぷち犬の飼い主を決める抽選会の報道があった時、私も華さんと同じようなこと思いました。
同じ命なのに、有名かそうじゃないかでこんなにも違うんだなぁ・・って。
飼い主希望者が、何故他の犬たちに目もくれないのか不思議でした。
あの会場に、捨てられていた子犬を連れてきた子供たちがいたのをご存知ですか?
あの子供たちも会場には犬好きが集まると思って子犬たちの貰い手を捜しにきたようですが、結局引き取ってもらえたのは1匹だけでした。
あれだけの人間がいて、子犬の貰い手が一組の親子だけ。
同じ「命」なのに・・・・憤りを覚えます。
あの子犬たちはどうなったんだろ・・・。

追伸:ご主人の怪我、回復されて良かったです。最初に読ませて頂いた時はホントにびっくりしました。お大事にね。
by: orashion * 2007/02/22 11:30 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

orashionさん

おそくなってごめんなさい。
そうなんですよね・・・飼い主がいなかった犬の里親になる、ほんとうはよいことのはずです。 だけど、なんか違うなあ・・・って、姉妹犬のことではっきり思っちゃったんですよね。

「がけっぷち犬」の里親さんになった方がどんな方かわからないのですが、すくなくとも、里親さんになった人以外は、「がけっぷちから救出された有名な犬」だからほしかったんだなあ・・・と。

だからこそ、ああやって放送されたことはよかったな、と。
姉妹犬の里親さんも見つかったし。

他にもわんちゃんの里親募集で子供たちがきてたんですね。せめて、1匹だけでも、飼い主がみつかってよかった、と思います。
子犬をつれてきた子供たちは、どうおもったでしょう。
建前と現実。本当に犬が好きな人は、あそこにはいかなかったかもしれませんね。

ヤツの怪我は、もうすっかりノープロブレムです。ケンカしても連れてってよかったです。 お見舞いありがとうございます。<m(__)m>

by: 華 * 2007/02/25 14:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iyasinoniwa.blog39.fc2.com/tb.php/589-f037b319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。