スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
バラ 植え替え終了
2008 / 03 / 09 ( Sun )
2月頭から、もくもくと6回にわたり作業していたミニバラ、バラたちの
植え替えと土まし、施肥が今日やっと終了しました。
ああ、長い道のりだった・・・これでようやくすっきり。
もうとっくに芽が動いちゃってるから、根をいじるのには遅いのですがね。

植え替えはミニバラだけで
FL、HT、ERとポリアンサの大株2鉢は、植え替えられる大きさの鉢じゃないので
上の土を3cmくらいとって、新しい土といれかえ、
古いところをたがやしてやわらかくしておきました。
鉢の縁に1周、元肥を埋め込み。
(株元から25cmしか離れてないから、根に影響ないかちょっと心配)

ミニバラは80鉢くらいあったのが、株分けで30鉢弱増えちゃった。(泣)
ほとんど全部素焼 7号~8号鉢なので、超重い・・・

強健種で2鉢以上だぶっている品種は、あまりを安いプラ鉢に植え込み
根が活着して新芽がもうちょいでてきてから、
ご近所で欲しい方にでも、差し上げるつもりです。
家の前においておいたら、誰かもらってくれるかな?

うちに来てくださる方たちはたぶん皆さん持ってるであろう品種だし、
オークションに出して鉢代と手間代ペイできるような代物でもないので・・・

                      * * *

植え替え終了後、芽が動き出したミニバラとバラを見回り、
内芽かきと、脇芽かき、台芽かきを行いました。
やっぱり、モスのドレスデンドールと、とげがものすごいERのパット・オースチンは
手袋してピンセットでやればよかった・・・手が引っかき傷だらけに。

パット・オースチン080309

パット・オースチン。

ほんの数日前まで、ほかの品種と同じくらいの芽吹きだったのに(大バラはミニに比べて芽吹きが遅め)
一体何が起きたんでしょう? 
今日みたら、ものすごいぶっとい芽があちこちから吹き出すように、芽吹いていました。

パット・オースチン080309-2

↑こんなぶっとい芽。 ものすごいエネルギーを感じます。
とげが細くて長いので、ひっかかるととっても痛い(泣)

ほかのERたち アンブリッジローズ、ジュビリーセレブレーション、ローズマリーは
まだ、小さな芽しかでてません。
特にローズマリーは赤いポッチ状態で葉っぱの展開はまだ。
品種によって大分ちがうものですね。

パットの次に芽吹きがいい大バラは、FLのマジェンタ・クォーツ。
マジェンタ・クォーツ080309

この苗だけ挿し木で、ほかの大バラに比べると枝が細いので
こんなに早く芽がたくさんでてくるとは、意外な感じ。
でも、この芽も太くてしっかりしてますね。

ミニバラでも大バラでも、脇目がほとんどでてない品種と、
どれが脇なのか判別が難しいくらいにあちこちから芽がでてる品種とありました。
ミニバラのレッドモンテローザ・フォーエバーが、笑っちゃうくらいにあちこちから芽がでてて
まるでコンペイトウのよう、一番すごかったです。
株分けした苗4本ともそうだったので、こういう性質なんでしょうね。

スポンサーサイト
19 : 42 | ミニバラ&バラ全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バラ 植え替え 覚書 | ホーム | ミニバラ 株の更新実験>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iyasinoniwa.blog39.fc2.com/tb.php/822-16ffd83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。